注目の記事 PICK UP!

リウ・イーフェイが演じる実写版ムーラン!吹き替えは明日海りお!

皆さんこんにちは!コロナの影響でほとんどのショービジネスがクローズしている中、宝塚歌劇団はいつ再開してもいい様に、そして待っているお客様の為に、そしてこの公演で退団してしまう生徒のためにも、どうにかして公演を再開しようと日々動いているのが私たちファンにとっても大変うれしいことだなと、毎日痛感している今日この頃です…とにかく1日でも早く世界中が明るくなればいいなと思う次第でございます。そんな中このコロナなの影響で私の楽しみにしていたことも延期になってしまったのものがあります。それは実写版「ムーラン」この映画は当初、日本では5月22日に公開予定でしたがコロナの影響で延期になってしまいました。残念すぎます。ディズニー作品では最近、実写化することが流行っていますが、今回はディズニー初のアジアを舞台にした映画ムーランのストーリや主演のリウ・イーフェイってどんな人?吹き替えは明日海りおについてご紹介していきたいと思います。

ストーリー


舞台は昔の中国。主人公は明るく元気の良い少しドジな少女。ムーラン。彼女は親にいつか結婚する時の為に花嫁修行に励む毎日であった。その頃、国ではある問題に面していた。領地をめぐり的の軍が侵略しに来ていたのである。国家を守る為、王は国にある命令を下す。それは
全ての各家族から男性を1人兵士として差し出すこと…ムーランの家族で唯一の男性は父。その父は病気で体が弱っていて戦争で戦える状態ではなかった。そんなただ1人の父を守るために彼女はある決断をする。それは、男に成りきって代わりに戦争に行くことであった。

訓練所では男に混じって偽りながら訓練に励むムーラン。たくさんの努力の結果、初めは訓練について行くのがやっとであったがいつの間にか、周囲の仲間達から一目置かれる存在に!そしていざ戦場へ!様々なアクションを交えながら進んでいくストーリー。一緒に戦う仲間との友情、そして絆。宿敵はまさかの魔女…男として偽る自分との葛藤の中で成長していく彼女のに何が待ち受けているのかがこの作品の見どころである。そして人間誰しも本当の自分と偽りの自分を兼ね備えているもの…彼女の心情をアニメの時よりもさらに、更に深く掘り下げ、「本当の自分でありたい」と願うすべての人々の共感を呼ぶ。そんな多くの人々に共感されるところがムーランの人気の魅力なのかもしれません。

アニメとの違い

私は小さい頃からディズニー映画を見て育ってきたので、小学生の時に「ムーラン」を見てついにアジアのプリンセスの映画ができたことが嬉しくて毎日見ていたことを覚えています。そんな小さい子も一度は憧れるディズニー映画。最近では「美女と野獣」「アラジン」を始め沢山のアニメを実写化している。そしていつも映画館で見て思うこと…それは少し実写になると出てくるキャラクターやストーリーが違うところに気になってしまうのは私だけでしょうか?なので今回は公開前の「ムーラン」のアニメ版と実写化でどこが違うのかもご紹介していきたいと思います。まず先ほどもお話ししました通り、もちろんストーリーの筋は変わりません。やはりキャラクターに一番の違いがあるみたいなのです。
(キャラクターの違い)
・ムーランはファ家の1人娘という」設定でしたが、今回の映画版では彼女には姉がいることになっています。もちろん姉がどのようにストーリーのキーになるのかはわかっていませんが、恐らく祖母の介護や家の手伝いなどをやっている優しい姉なのではと言われています。

・あの人気なキャラクタームーのムーシュウが出てこないのではないかと言われています。ムーシュウと言えばムーラン一家の守り神であるドラゴン。とてもおしゃべりでおっちょこちょいなキャラクターでこのアニメの中でも人気のあるキャラクターです。今回の映画ではファ家の守り神はドラゴンではなくフェニックスに変更されているのです。私的にも大好きなおしゃべりドラゴンのムーシュウが出てこないのはとても残念なのですが、もしかすると、ストーリーとはあまり関係性のないところで出演するかもしれないとの情報です。

・リーシャンもキャラクターとして出てきません。アニメ版ではムーランの配属された軍の隊長で彼女の命の恩人でもありのちに恋仲になる役なのですが実写版ではこのリーシャン役が2つのキャラクターに分裂しているそうです。1人目がタン司令官。彼女の配属された軍の司令官であり恩師でもあります。そしてもう1人が同じ軍の仲間でもあるチェン。彼とは仲間であり友達。そしてもしかするとチェンと恋仲になるのではないかと言われています。

・アニメ版で有名になった音楽があります。「リフレクション」という劇中歌なのですが今回の実写版には全くのミュージカル要素がないと言われています。ディズニーとミュージカル好きにはとても残念なお知らせ…彼女の心情が一番あらわになっていて男として戦場に行くことを決心する場面での歌なのでこのシーンが無いのがとても残念ですが、テーマソングとしてクリスティーナ・アギレラが歌うのは確実だそうです。よく考えたら彼女は小さい頃からディズニーチャンネル出身の歌手として有名でしたね!どのようにして「リフレクション」が使われるのか楽しみです。

・名シーンの髪の毛を切らないかもしれないのも噂になっています。正直断髪シーンは彼女の心の変化を表している場面です。今回の映画の予告版を見てみるとムーランはロン毛で戦争で戦っていることから名シーンの断髪シーンはないかもしれません。

・敵が2人います。1人目がボーリーカーン。彼は敵国のボスとして登場します。アニメ版にも登場しているシャンユウというキャラクターです。今回は名前が変わっています。そしてもう1人がまさかの魔女シエンランという女性魔女が登場します。このシエンランが途中、ハヤブサに変身することからアニメ版の悪役のシャンユウのペットであるハヤブサがモデルになっていると思われます。アニメ版には唯一の女性兵士としてムーランが戦っていましたが、実写版では敵も女性。女性同士の戦いも見所の一つではないでしょうか。

・もともと、「ムーラン」とは中国の歌や舞踊に出てくる伝説の架空の女性のことです。日本でいう「かぐや姫」的な存在でしょうか。今回こんなにもアニメバージョンと違いがある理由ですが、アニメ版が中国人の中で賛否両論だったそうです。その訳が伝説とお話が違うというところだったそうで…今回伝説に寄せて作成していることからアニメ版とは違うところがたくさんあるのではないかと言われています。逆に違う作品を見る感覚で見たほうがいいのかもしれませんね!早く公開されるのが待ちきれないです。

リウ・イーフェイ

今回の映画を制作にするにあたり、1番頭を悩ませたのがキャスティング。2016年の秋にディズニーは世界中にムーランにふさわしい中国人女優を探していると発表した。キャスティング・ディレクターのチームは沢山の世界を周り、信頼できる武術の技術、中国語と英語をしっかりと話す能力、そしてスター級の資質を必要とする基準を備えた役の候補者1,000人を超える女性を見てきた。その結果、今回、主役の座を勝ち取ったのが中国系アメリカ人のリウ・イーフェイ。彼女をムーラン役に起用することを発表した。そしてその後2018年4月にはその他キャストの出演発表があり撮影が行われました。

リウ・イーフェイ
1987年8月25日生まれのB型。身長は170センチとスタイルが良い。出身は中国だが現在の国籍は中国である。父はフランスの語学者で現在は北京市長と言われている、母は中国国家一級演員の資格を持つ凄い舞踊家。かなりセレブリティなお生まれなリウ。ですが生後間もなく両親が離婚。母に連れられ9歳の時に渡米する。そして14歳の時に女優を志し中国へ帰国。有名な実業家のマネジメントを受け芸能活動を開始。そしてデビューしてすぐにテレビドラマに出演。その後も何度も主要キャストに選ばれている。2005年には歌手デビューもしている。そして2007年にはカンフー映画「ドラゴンキングダム」にも出演しジャッキー・チェンと共演を果たし見事ハリウッド映画にも進出しました。このように見てわかるように彼女は小さい頃からかなりの英才教育を受けてきたことがわかりますね!もし実写版の映画がアニメ同様ミュージカル要素があれば彼女の歌声も聞けるということになりますね!

今回大抜擢をされたリウ・イーフェイですが実は父親がすごい方だそうで、なんと北京市長…とにかく国の政治に関わっている凄い権力のあるお方だそうで….彼女が小さい頃から女優業でも活躍できるようにかなりの支援をしていたようです。そして何年も前からハリウッド映画にもかなりの投資をされているみたいで、今回娘であるリウを主役にするためにかなりのお金を寄付したのではないかとも言われています。もしかするとこのムーランが当たれば、今までの投資がプラスになるのかも知れませんね!かなりのステージパパだということがわかりました

今回公開前にリウのTwitterでの投稿が話題になり彼女に対してのイメージダウンと中国人にかなりの反感をかったそうで、一時映画の撮り直しになるかも知れないというほどでした。その内容がこちら…少し目に中国で話題になっていた逃亡犯条例の改正案への反対が爆発した反政府デモに関するものです。そして彼女は警察側の指示の姿勢を伺える内容をTwitterに投稿したことが、沢山いる反政府側の怒りをかってしまい香港市民たちが中心となり「ムーラン」の映画をボイコットしようという働きになってしまったそうです。香港市民たちは警察の暴力を受けながら必死に戦っているのに、リウはアメリカで優雅に生活し警察を支持するなんて。なぜディズニーは彼女のようなヒーローとは程遠い人間を中国の代表とする伝説の女性ヒーローに起用しているんだ!映画を違うキャストで撮り直せ!と叩かれたそうです。こんなお騒がせな一面があるリウ・イーフェン。今後の彼女の芸能活動が少し心配だが、きっとムーランはステキな仕上がりに違いないことを願いたい…

明日海りおと小池栄子


いつもディズニー作品が実写化される度に話題になるのが日本語吹き替えですよね!そして今回吹き替えに抜擢されたのが、宝塚を退団してまだ間もない明日海りおさんに選ばれました。彼女にとってこの吹き替えのお仕事が退団して初めてだったそうです。そして小さい頃からいつもディズニー映画を見て育ったそうでいつかディズニーのオーディションがあれば受けてみたいなと事務所に伝えようとしていたそうで…そんなタイミングでのお話しであったそうできっと自分にとってご縁のあるお仕事に違いないと思い今回ムーランの声に挑戦したんだそうです。今まで長年男役として生きていたからなのか、録音後の自分の声にこれはディズニープリンセスではないなと思ったこともあるそうで…アフレコは大変だったことを明かした。ですが今回の役所的に途中男として戦場に戦いに行くところなどは、男役で培われた技術が生かされたそうです。さらに今回のもう1人の女性戦士
シエンランの声を演じたのが小池栄子さん。ディズニーの悪役ということで思いっきり憎たらしく演じたそうです。この女性の戦いがどのように繰り広げられるのかも楽しみの一つですね!そして我ら宝塚のファンとして、絶対に日本語吹き替えの明日海りおさんのご活躍ぶりを拝見しないといけませんね!!

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか?小さい子から大人まで幅広くファンがいるディズニー!そして今回ディズニー初のアジアを舞台した映画「ムーラン」が実写化されます。色々あり公開が遅れていますがきっと素敵な作品に仕上がっているのでしょう!今回1000人近くの応募者から主役の座を勝ち取ったリウ・イーフェン。彼女の熱演ぶりと彼女の日本語吹き替えに挑戦した明日海りおさんにも注目したいところです!そこで今回はムーランのストーリや主演のリウ・イーフェイってどんな人?吹き替えは明日海りおについてご紹介いたしました。早く劇場で観れることを楽しみしていたいとお思います。

 

関連記事

  1. 明日海りお退団!鼻は整形で事務所は研音!ムーランの吹き替えに…

  2. 宝塚男役の髪型や作り方は!?

宝塚歌劇団ランキング

免責事項

当サイト上に掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、万が一、当サイトに不適切な記事、画像、リンク等がありましたら早急に削除するなどの対応を致しますので、こちらまでご連絡ください。

PAGE TOP