注目の記事 PICK UP!

蘭世恵翔の母は君島十和子?娘役に転向?

みなさまこんにちは!夏も終わり秋の過ごしやすい時期になって来ましたが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?宝塚に浸る毎日をお過ごしでしょうか?私はこの間、久しぶりに宝塚を観劇して来ました!トップさんの退団ということもあり、組全体が団結して1つの舞台を作り上げていく姿にとても感動しました。これこそ舞台芸術の見どころではないでしょうか?宝塚もそろそろ世代交代の時期になるのではないかと私はそう思っているのですが…
最近では男役が娘役に転向するのが増えたように思います。それだけ娘役が不足しているのでしょうか…!?特に月組。以前、月組の娘役トップに長年君臨し続けた、愛希れいかさん。101期生の天紫樹李さん彼女は娘役に転向した瞬間、かなりの抜擢をされていて今後の月組の娘役を担う方なのではないかと思います。そして今回の大劇場公演から娘役に転向した蘭世恵翔さん。お顔立ちもとてもお綺麗でとてもお芝居もお上手な彼女。そんな彼女は芸能人である君島十和子さんの長女として、音楽学校に入学された時から注目されていました。今回はそんな君島財閥に生まれた彼女の蘭世恵翔の母は君島十和子?娘役に転向などについてご紹介していきたいと思います。

君島十和子の生い立ち

旧姓 吉川十和子(よしかわ とわこ)
1966年5月30日に東京都豊島区に生まれます。
小さい頃から芸能界にとても興味を持っていたそうで中学生の頃から「mc Sister」でモデル活動を始める。
1986年には「JJ」専属モデルに就任する。モデル活動をしながら日本女子大学附属高等学校に通う。
1988年にはNHK銀河テレビ小説「新橋烏森口青春篇」で女優デビューを果たす。映画・テレビ・舞台と幅広く活動を始める。
1988年「晴海コンパニオン物語」奥村ユキ子役
1988年「もっとあぶない刑事」小島美沙役
1989年「ドラマチック22」
1989年「ばちあたり常夏娘」
1989年「恋の街・東京」
1989年「風雲!真田幸村」楓役
1989年「夏の嵐」
1989年「大河ドラマ」
1989年「暴れん坊将軍シリーズ」
1989年「暴れん坊将軍Ⅲ」お組役
1990年「翔ぶが如く」大久保きち役
1992年「信長 KING OF ZIPANGU」
1995年「八代将軍吉宗」
1990年「月影兵庫あばれ旅」安岡みよ役
1990年「将軍家光忍び旅」寿々役
1991年「代表取締役刑事」
1991年「銭形平次」お絹役
1991年「暴れん坊将軍IV」 お紺役
1991年「また又・三匹が斬る!」喜久姫役
1992年「松本清張作家活動40年記念・たづたづし」平井良子役
1992年「必殺仕事人・激突!」千菊役
1992年「十津川警部シリーズ1」市川真代役
1992年「江戸中町奉行所」
1992年「徳川無頼帳」
1992年「喧嘩屋右近」お駒役
1992年「俺たちルーキーコップ 」)
1992年「金曜ドラマシアター 」節子役
1993年「エトロフ遥かなり」
1993年「闇を斬る!大江戸犯科帳」菊恵役
1994年「織田信長」おね役
1994年「あなたが好きです」恵里子役
1994年「江戸の用心棒」
1994年「まやかしの花嫁衣装」お蝶役
1994年「人情子連れ芸者」小太郎役
1994年「ニュー・三匹が斬る!」
1994年「裸の大将放浪記」
1994年「殿さま風来坊隠れ旅」 お雪役「悪魔の唇」(1994年8月、TBS)
1995年「STATION」楠川瞳役
1995年「ドラマ新銀河 愛をみつけた」
1995年「はぐれ刑事純情派」
1995年「探偵事務所」田倉香奈子役
1995年に君島誉幸(当時は君島明)氏と結婚し、翌年に芸能界を引退する。
その後君島ブランドに入り君島インターナショナルのスーパーバイザーとしてビジネスサポートや商品開発などに携わるようになる。
1997年に長女出産。
2001年に次女を出産。
2005年に自身の化粧品ブランド「FELICE TOWAKO COSME(フェリーチェ・トワコ・コスメ)」を立ち上げる。
2017年「セシルのもくろみ」君島十和子(本人役)

旦那

君島誉幸(きみじま たかゆき)皮膚科医有りながら化粧品会社の副社長である。父は有名ファッションデザイナー・君島一郎さん。(婚外子である。)
二人の馴れ初めは一体どのような出会いだったのでしょうか?


皇族やパリの社交界にも愛用者がいたセレブ御用達のファッションブランド「KIMIJIMA」。創業者でありデザイナーの父君島一郎氏と当時副社長であった誉幸さん。1994年にブライダルコレクションのゲストモデルを探していたところ、知人が推薦したのが、当時第一線で女優・吉川十和子として活躍していた彼女だった。翌年の95年2月に、ふたりは初対面を果たす。

当時、お互いの第一印象を聞くと「いまひとつでした」だったそうです。お仕事で出会った二人は打ち合わせや採寸、仮縫いと何度か顔を合わせるようになる。歳も1つ違いという事で同年代の二人は少しずつ打ち解けていったそうです。そして何度も仕事で会ううちに惹かれあい1995年5月30日の十和子さんの29回目のバースデーの時に初のデート。まさかのプロポーズは、初デートの翌月の6月だったそうです。今はやりのスピード婚。誰もが羨むセレブ息子と美人モデルの婚約…と思われましたが全く逆の視線を世間から浴びせられました。

1995年12月6日の婚約会見から2日後でした。二人のお祝いムードを一変させる報道が流れたのです。それは、誉幸さんが以前お付き合いしていた女性との間に婚外子がいた、というものでした。当時売れっ子女優であった彼女が嫁ぐ有名ブランドの御曹司が抱えていたスキャンダルでした。これを面白がった芸能マスコミ関係が連日、二人を追い続けたのです。

更に追い討ちをかける様な事実が…実は誉幸さん自身が父である一郎さんの婚外子だったのです。この事を知ったのは20代になってからだったそうで、当時彼の名前は佐藤明さんだったそうです。誉幸さんは君島一郎氏と愛人の間に生まれた婚外子だったのです。小さいころから父親があまり家に帰ってこないとは感じていたものの、まさか本妻とその子どもが他にいて、自分は内縁の妻の子であるとは思ってもみなかったそうです。佐藤明という名前は母の姓だったそうで、実の母と父の一郎氏、本妻が話し合い(君島)を名乗れる様に養子縁組をして、君島姓を名乗れるようにしたのだとか…

一度は皮膚科医として社会にでた誉幸さん。ですが実の父の会社である君島インターナショナルの副社長・君島明として経営のお仕事をされるようになる。さらに複雑なのが、婚外子である誉幸さん自身にも婚外子がいた、ということ。親が親ならば子も子なのでしょうか…?
すでに認知した子どもがいることは十和子さんは知っていたそうですが連日の報道に祝福もされず周囲からは反対の声しかなかったそうです。この反対の結婚の末、旦那である君島明さんは名前を改名して君島誉幸と名乗る様に。そして結婚後更に追い討ちをかける出来事が…君島一郎氏の死による相続争いです。

父である一郎氏と本妻である由紀子夫人との間には長男・立洋さんいらっしゃいます。立洋さんが226歳の時に父の会社の副社長に就任します。しかし半年ほどで自ら「IT会社を設立したい」という理由で退任をするのです。ですがこの理由は表向きの内容で実はキミジマの商品が一郎氏の愛人の元へ流れていて、会社内に愛人の存在が大きくあることに気づいてしまったことが1番の原因なんだとか…そのようなスキャンダルに巻き込まれ身を置きたくない、と思いで退任したんだとか。確かに賢い考えであります。そして退任してからその副社長の座に就任したのが愛人との子供である誉幸さん。立洋さんより3歳年が下だそうです。その後、父である一郎氏の下で働き始めます。

1996年の誉幸さんと十和子さんの婚約と結婚後でで発覚した隠し子騒動。それに加え誉幸さんが本妻の子どもではない事。これらの君島家の複雑な家族関係も世間に明るみになってしまった事が原因でキミジマのブランドのイメージは急降下になったのです。そんな矢先のことでした。同年7月に、まさかのことの発端である父の一郎氏が急死してしまうのです。そして総資産50億円ともいわれた君島一郎が残した遺産相続を巡って本妻由紀子さんと立洋さん対愛人との子である誉幸さんの骨肉の争いが勃発するのです。君島お家騒動の始まり…

異母兄弟である息子の2人は、お互いの存在を父親に知らされていましたが一度も会った事は無く、初めて顔を合わせたのが一郎氏の霊安室だったそうです。会社の経営を手放した実の子である立洋さんと、実際経営を受け継いだ愛人との子誉幸さんとの互いに譲れない戦い。立場から泥沼訴訟に発展し、地に落ちたブランドのイメージは最悪。売上の激減へ直結するのでした。その後も経営は一気に悪化し続けました。

結局、一郎氏の遺言書により愛人との子、誉幸さんが父の後、家業を継ぐことになりました。ですが推定50億円といわれた遺産の他にも、実は莫大な借金も残っていたのだそうで…結果プラスの財産はみんなで分配するも、負の遺産は誉幸さんが背負うことになってしまったのです。

この事をキッカケに更にマイナスイメージが根付いた「KIMIJIMA」はブランドを立て直すことができずにブティックは全て閉店に追いやられました。更に君島インターナショナルは廃業になり嘗てセレブ御用達ブランドで華ある世界で君臨し続けていましたが、跡形も失くなってしまいました。この時に誉幸さんが背負った借金はなんと推定40億円ともいわれています。お家騒動も落ち着きそんな彼を支えて来たのが妻である十和子なのです。

結婚後は素敵な未来かと思いきや全く逆な世界だったそうです。セレブから一転、借金生活へ。この状況を脱出する為に力になったのが奥様である十和子さん。元々皮膚科医である旦那様と共同開発して化粧品ブランドを設立。当時から注目されていた美しさとカリスマ性を生かし自ら広告塔となり十和子ブランドの化粧品を成長させるのである。これが世の女性達の間で人気を博し「美のカリスマ」の座を獲得するのです。彼女の品の良さと美しさに憧れる女性が続出。彼女たちのことを通称「トワラー」というようになり、メディアで取り上げられるなど注目されるように。美容関連のエッセイ本も販売すると爆売れ。一気に駆け上り借金の返済も終わり立ち上げた「フェリーチェ・トワコ・コスメ)の業績はここ数年うなぎ上りだそうです。今では年商13億円を超える会社へと成長しているそうです。代表取締役社長は誉幸さんで、十和子さんは商品開発を担当。皮膚科医の経験も活かして開発された化粧品はとても評判良く夫を支え縁の下の力持ちの十和子さんは女性としてもかなりの影響力とバイタリティ溢れる仕事っぷりに世の女性の憧れの存在です。
一方、本妻である由紀子さんと実の子である立洋さんは自身で「Yukiko Kimijima」というブランドを展開し、表参道と元町にお店を出していらっしゃるそうでひっそりと経営されているそうです。

美容法と髪

美のカリスマで世の中の女性の憧れである十和子さん。彼女の美に対するこだわりは普通ではありません。日頃の努力があの美しさを保つ秘訣なんだという事がこれからの内容でわかるかと思います。この継続は力なりという毎日同じことを繰り返す続けることに意味があるのです。その一部をご紹介していきましょう。

・髪の毛
先ず彼女が一番こだわっているのが、毛細血管の血液の巡り、血流を良くするケアです。頭皮の下には沢山の毛細血管が張り巡らされています。そしてそれらの毛細血管は毎日、新しい髪の毛を作る為に毛根に栄養や酸素を送り届けています。毛細血管はとても大切な役割を果たしていることを皆さんご存知ですか?更に毛細血管は髪の10分の1の太さしかなくとても繊細で年齢と共にその働きももちろん衰えていくのです。特に40代半ばからは血液の流れが悪くなり髪の毛が抜け落ちてしまったり、白髪が急激に増えたりなどの症状が出てくるそうなのです。綺麗な髪の毛を保つ事とアンチエイジングにはこの血流を良くする事が第一なんだそうです。

先ず髪の毛を洗う前にすることは、ブラッシング。このブラッシングがとても重要。シャンプーする前にブラッシングすることでその日の汚れを浮き出してくれるのです。そしてお湯でしっかり汚れを落とす。最近ではお湯のみで髪の毛を流して洗うという方法があるくらいの効果があるのです。しっかりお湯を使って汚れを落としましょう。

次にシャンプーはしっかりあわ立てて頭皮をマッサージするように指のヒラを使ってシュアンプーしていきましょう。自分が気持ちいなと思えるような洗い方をするのが大事です。次にお湯で流したら毛先をトリートメントしていきます。手の全体を使って栄養を髪の毛に浸透させていくイメージで行いましょう。最後お湯を使ってしっかり落とします。

次にタオルドライですがよくグシャグシャに水気を取る方がいますが、これはアウト。タオルで抑えるように水気を取らないとキューティクルが痛む原因になりますのでしっかり程にいに水気を取りましょう。この後、自然乾燥をする方も多いのではないでしょうか?自然乾燥はもってのほかです。ドライヤーを使ってしっかり乾かしていきましょう。中途半端に乾かすと、カビなどの原因ですのでしっかり乾かしてください。最後に洗い流さないトリートメントをしたら完了です。

日頃やっていることを丁寧にするだけではかなりの変化が得られると思いますので皆さんも丁寧に髪の毛を扱いましょう。そしてもし暇があれば必ずやってほしいこと。頭皮のマッサージです。筋肉をほぐし血管の巡りを良くする事がとにかく大事ですので、時間がある時にやってみましょう。これを日々続けると十和子さんのような美しい髪の毛を保つ事ができるかもしれません。

そしてヘアスタイルのアレンジにも力を入れてみましょう。年齢と主に髪の毛のボリュームは少なくなっていきます。ですからなるべく自分にあったスタイルでなおかつお品良く。更になるべくふんわりと見えるようなセッティングを心がけましょう。自分はどのようにすればいいのか自分自身を研究する事がいちばんの美に繋がる事間違えありません。センスよく自分にあったヘアスタイルを研究し続けてみましょう。

蘭世恵翔の生い立ち


本名:君島優樹(きみじま ゆうき)
1997年に君島誉幸と君島十和子の長女として東京の渋谷区に生まれる。4歳下の妹がいて二人姉妹。
小さいころから芸事に触れる機会が多くクラシックバレエを習い始める。
母の英才教育の元、宝塚は小さいころからSS席で観劇していたそうでいつかは男役になる事が夢だったそうです。
東京でもお嬢様私立学校で有名な日本女子大学附属高等学校出身です。
2度目の受験で見事、宝塚音楽学校に26倍という倍率で合格。
2014年4月に第102期生として入学を果たす。
2年間の学校生活を無事に終え卒業時には芝居の科目で表彰される。
2016年星組「こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…」「THE ENTERTAINER!」で初舞台を踏む。
初舞台後は月組に組配属される。
2016「NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-」「Forever LOVE!!」新人公演 二条晴良(本役佳城葵)
2016年「FALSTAFF〜ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ〜」
2017年「グランドホテル」 新人公演 ベルボーイ「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
2017年「長崎しぐれ坂」 伊佐次(幼年時代)「カルーセル輪舞曲(ロンド)」
2017年「All for One〜ダルタニアンと太陽王〜」 新人公演 リュリ(本役 佳城葵)
2017年「Arkadia-アルカディア-」 ギスラン役
2018年「カンパニー」 新人公演 間内澄人(本役:千海華蘭)「BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-」
2018年「THE LAST PARTY」RANZE・読者・記者・パリのボーイ
2018年「エリザベート」ルドルフ(少年)・新人公演 マダム・ヴォルフ(本役 白雪さち花)
2019年「Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)」 セルゲイ・カレーニン(セリョージャ)、執事、将校
2019年「夢現無双」悪党役 新人公演 祗園藤次(本役:輝月ゆうま)代役 辻風黄平(宍戸梅軒)(本役:風間柚乃)「クルンテープ 天使の都」
2019年「THE TOWN(オン・ザ・タウン)」 アナウンサー コニーアイランドのMC
男役から娘役に転向する。
2019年「I AM FROM AUSTRIA」 新人公演 ロミー・エードラー(本役:海乃美月)

新人公演と娘役に転向

今回のテーマの一つである蘭世惠翔さんの男役から娘役に転向についてですが、皆さんはどのように思っていましたか?私は実は彼女が初舞台を踏んだ時から予想していました。ですからもっと早く転向するのかと思っていましたが、意外と男役歴が長かったのではないのかなと思います。元月組娘役トップである愛希れいかさんも研3の時には転向されています。お顔立ちもやはり十和子さんの娘なだけあってとても整っています。2018年の「エリザベート」では本公演、子ルドルフ役。新人公演ではまさかのマダムヴォルフ役を演じていました。どうもその評判が大変良かったそうで、それをきっかけに娘役に転向しないか?という話が来たのではという説があります。しかし彼女自身、やはり男役で頑張りたいという思いがあったそうで、そのお話を断っていたんだそうです。だからなのかいつも演じる役は少し個性的な脇役ばかりでした。お芝居も表彰されるほどの実力なので脇役も上手に演じていらっしゃいましたが…どこか勿体ない気がずっとしていました。きっと彼女も誰よりも迷ったに違いないでしょう。ですが身長もそんなには大きくないので今回娘役に転向したのは正解だったのではないのかなと思います。それが理由なのかはわかりませんが、今回の舞台ではとても生き生きしているしているようにも思えます。これから彼女がどのような位置付けでくるのか、月組の娘役達のライバルの戦いが見どころなのではないでしょうか?これからが楽しみですね!

インスタやツイッターは?

皆さんはインスタグラムやツイッターなどのSNSはされていますか?私はもちろんやっています。朝起きたらインスタグラム。寝る前もインスタグラムとにかく暇さえあれば気づけばSNSをよくチェックしている事が多いのかもしれません。特に宝塚に関しては敏感に調べたり、チェックしている方かもしれません。毎回宝塚の生徒さんの記事を書くたんびに思うのは、基本的に彼女たちは所蔵権が宝塚の劇団にある為に自分自身のアカウントを持ってSNSを配信することは一切禁止されているのです。ですからどれだけ調べてもファンの方が投稿した写真やコメントしか出てこないのです。でもさすが宝塚ファンの皆様はインスタグラムでは美しいお姿の写真などが多いので見ていてとても気持ちが良くなるものばかりですし、自分の気になっているジェンヌさんのことがもっと好きになるような内容しか載っていないので見ていてとても楽しいです。ですから今回テーマの蘭世恵翔さんも以前は男役の姿しか載っていませんでしたが、最近の投稿を見てみると娘役に転向したばかりの彼女の入出の写真や限られた方しか見ることのできなかった新人公演の姿などをインスタグラムなどを通してチェックする事ができるのです。

そして調べた結果、蘭世さんのお母さんである君島十和子さんがインスタグラムやツイッターなどのSNSを自分のアカウントで運営されているのを発見しましたのでもしご興味がある方は十和子さんの投稿も観てみるのも面白いのかもしれませんね!基本的に美容関係の事が投稿されていますが、母である彼女のSNSを見れば蘭世さんがどんなジェンヌさんなのかもわかるかもしれませんよ!

黒木瞳との不仲説

皆さんは君島十和子さんと黒木瞳さんの不仲説をご存知ですか?これは当時ワイドショーでも取り上げられるほどの内容で内容がまさかの、自分の娘をどちらが宝塚に合格させれるか?というものなのです…私も初めてこのお話を聞いた時、くだらなすぎてびっくりしたほどです。どんな内容かと言いますと…


お二人には年が同じくらいの娘の優樹(君島)と萌子(黒木)がいました。皆さんご存知だとは思いますが黒木瞳さんはかつて月組の元トップ娘役であり大地真央さんの相手役で退団後は女優として活躍されている方です。そんなお二人は自分の娘にはぜひ宝塚に入学してほしいと小さい頃から英才教育をされてきました。そしてクラシックバレエのお教室が偶然同じところに通わせていたそうです。そのバレエスクールがこちら。

松山バレエ団(松山バレエ学校)
住所:〒107-0062 東京都港区南青山3-10-16
電話:03-3401-2548

こちらのバレエスクールは芸能人や有名企業家などのかなりのセレブ娘が通っているという事でとても有名なスクールだそうです。さらに驚きなのがバレエ教室の発表会ではクオリティーと規模が世界最大の規模だということでもとても有名なんだとか…そして年に一度の年末発表会では「くるみ割り人形」を演じるのがお決まりだそうで、みんな主役であるクララを演じる為に努力してレッスンに励むんだそうです。ですが子供達の夢を踏みにじるような出来事が起こるのです。

それは、娘に主役をさせたいが為に二人の母は裏金で主役の座を争ったそうです。黒木さんも君島さんも発表会のチケットを何十万分も購入して沢山の方にばらまき時自分たちの娘が主役に選ばれるように計ったようなのです。その結果二人が過剰にやりすげきたせいなのか「くるみ割り人形」の主役であるクララがまさかの二人になりそれぞれの娘が主役になるという前代未聞の異常自体が起きたのです。これらの行動が娘たちのピュアな心を汚染してしまうに違いない。

この出来事があってからなのか、黒木さんの娘の萌子さんは学校でいじめをしてお金で解決するような出来事に繋がったのではないかと言われています。そして宝塚に入学した君島さんの娘の優樹さんは現在、蘭世惠翔というお名前で月組で活躍されています。この事が原因で二人は犬猿の仲と言われています。お金はあったに越したことは無いけれどここまでいくと感覚がおかしくなってしまうのかもしれませんね…とにかく子供の純粋な心は汚さないでほしい…それだけです。

更に母である十和子さんは美のカリスマとして化粧品を開発する会社の心臓とも言われるような方です。そんな彼女は自分の娘に宝塚に入学させる為に沢山のお金をつぎ込んでいらっしゃいます。まずクラシックバレエや日本舞踊、声楽などのレッスン代。身長を伸ばす為に整体やサプリメント。そして自社で作っている美容製品やエステなど宝塚に娘を合格させる為に普通では考えられないほどのお金をかけているのです。ですから娘である蘭世さんはお肌やお顔立ちが美しいのではないのかな思われます。美貌を保つ為にはお金も時間も努力もしないといけないんだなと改めて思いました。皆さんも美の追求してみませんか?とりあえず私は今日からチャレンジしてみようかなと思います。

まとめ

皆様いかがでしたでしょうか?とてもセレブなんだなと思っていた華麗なる君島家。ですがお父様と母の十和子さんは沢山の壁を乗り越えて今の地位を手にしたのだなと思いました。これがハングリー精神なのでしょうか?並外れたバイタリティーがあるってことには間違いがなさそうです。そんなお二人から生まれてきた蘭世さんも今、男役から娘役に転向したばかり。きっと色んな葛藤があったと思います。ですがそんな彼女は娘役になって更に美しく見えるのは私だけでしょうか?きっと色んな思いが彼女を魅力的に見せているような気もします。月組には結構可愛らしい娘役さんが沢山いるイメージですがそのライバルたちに負けずに頑張ってほしいなと思います。今回のテーマは蘭世恵翔の母は君島十和子?娘役に転向でした。

関連記事

  1. 宝塚駅から宝塚大劇場までの徒歩での行き方&アクセスは?

  2. 永遠輝せあのお茶会と歌唱力は?

  3. 宝塚出身の芸能人は!?

  4. 朝美絢の年齢や実家、ツイッターは!?

  5. 女帝花總まりの伝説!エリザベートの評判と結婚は!?

  6. 宝塚ファンクラブに入るには?ファンクラブのメリットとデメリットは?

  7. 大地真央の美容法やメイクは!?黒木瞳との関係性は!?

  8. 檀れい離婚理由は不妊!?父との関係は?

  9. 宝塚スカイステージとは?加入方や無料で見る方法は!?

宝塚歌劇団ランキング

免責事項

当サイト上に掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、万が一、当サイトに不適切な記事、画像、リンク等がありましたら早急に削除するなどの対応を致しますので、こちらまでご連絡ください。

PAGE TOP