注目の記事 PICK UP!

宝塚ファンクラブに入るには?ファンクラブのメリットとデメリットは?

宝塚観劇にハマって来ると色んなファンとのコミュニケーションや入り待ち出待ち、その他にもお気に入りの生徒さんや
ファンとの繋がりで宝ジェンヌさんと関わる事が増えて来る方もいらっしゃるかもしれません。
そこで思うのが、あの気になっている何組の○○さんの事をもっと応援したい!ファンクラブに入ってその方の
お席で観劇したいとも思うし、もっと接近して関わりたいと思うようになる方もいらっしゃると思います。
そこで今回はそんな宝塚のファンクラブに入るか悩んでいるあなたのために
宝塚のファンクラブに入るには!?ファンクラブのメリットとデメリットについてご紹介していきましょう!

宝塚のファンクラブとは?

宝塚の公式のファンクラブというものは基本的に「宝塚友の会」という色々とチケットなどで得点が付いて来る劇団公式のファン会のことです。
この「宝塚友の会」は生徒さんを応援するというより、宝塚歌劇団全体を入会費を払って応援するという仕組みになっております。
生徒さんのファンクラブとは、非公開のファンクラブと言って、生徒さんそれぞれの個人的なファンクラブの事を、ファンの間では(会)と言います。
演者である宝ジェンヌさんには、一人一人にマネージャーという芸能界では当たり前のシステムが実はないのです。
皆さん宝塚歌劇団所属の個人事業主になるので、よく言われる(代表さん)と呼ばれる方々はボランティアで宝ジェンヌさん
達を支えている一般の方々なのです。そして基本的にファンクラブを作って活動しているのは男役さんとトップの娘役さんなのです。
なのでもし応援したい生徒さんのファンクラブがあるかをまず確認しましょう。
生徒一人一人のファンクラブには様々なルールがあるみたいです。ファンクラブによって違うみたいですが
そう言った謎のルールが分からない事や、会員の方がコアすぎて入りにくいなって思う方も多いかもしれません。
ですが、会委員の方々とは同じ方を応援するという事で宝塚お友達が増えることも多くなるのでそこも楽しみのひとつかもしれませんね!

宝塚のファンクラブに入会するには?

宝塚のファンクラブに入会したくてもどうやったら入会できるのかと思う方がほとんどだと思います。
様々な入会方がありますがご紹介していきたいと思います。
・お気に入りの生徒さんに直接劇団にファンレターを書いてファンクラブに入会したいですという気持ちを伝えると
ファンクラブ入会のご案内が家に届くそうです。
なので念のために自分の住所とお名前はしっかりと書くようにして下さい。
・入り待ち出待ちなどでファンクラブが集合している場所に行き、解散するときにスタッフさんであろう人に
直接ファンクラブに入会したい思いを伝える。
・宝塚観劇で仲良くなったお友達や知り合いを通してファンクラブを紹介してもらう。
基本的にはこの3つの方法が確実だと思われます。
ご案内が届きましたら、必要な個人情報を記入して年会費を払うと基本的に入会完了です。
そんなに難しいことはないので簡単に入会する事ができますよ!

宝塚のファンクラブの活動内容は?

生徒さんの個人のファンクラブに入会すると様々な活動に参加できる事ができます。
一番代表的な活動は入り待ちと出待ちです。この入り待ち出待ちは必ず参加しないといけないという決まりはございません。
宝塚や東京に住んでいる方じゃないとなかなか頻繁に参加する事ができない方もいらっしゃるので基本自由参加です。
そして生徒さんが何時に出勤されるのか、何時に帰宅されるのかは基本的に事前に携帯に連絡が入るようになっています。
当日に決まった場所に行くと他の会員さん達も集合しているので、会のスタッフさんの指示に従い生徒さんを待ちます。
生徒さんが来るとポストカードをお渡しし、劇団の入り口まで列をなして生徒さんを見送りして入り待ちは終わりです。
最後に出席カードにスタンプを押して下さいます。このカードは入り待ち出待ちの出席を確認するもので沢山出席した会員の
方には順番に大好きな生徒さんとお話できたり、チケットなどで得点が付いてきたりとお得なご褒美が付いて来るそうです。
なので時間が自由にできる方は極力入り待ち出待ちは参加した方がいいと思われます。
他にも様々な活動がそれぞれのファンクラブであるみたいです。

宝塚のファンクラブのメリットは

ファンクラブと言っても実際に入会してみないと実際自分がどう思うのかはほとそれぞれです。
そこで周りのファンクラブに入会している方々に実際の声を聞いてみたのでそれを参考にメリットとデメリットを
比較してみたいと思います。
・まず第一のメリットといえば大好きな生徒さんを身近に感じる事ができるところではないでしょうか?
トップすたーさんや2番手さんなどのかなり上級生の方だと会委員さんも多いので難しいこともあると思いますが
基本的に様々なイベントごとにも参加する機会は増えるので身近に感じることは多くなると思います。
・チケットを取る事ができる
公演が始まる何ヶ月も前に、ファンクラブから事前に公演案内のお便りが届きます。
案内が届きましたら観劇したい希望日を記入して返信するだけです。ですが基本的に土日祝日は人気があるので
なるべく人気の日をずらして、平日を希望するのがいいでしょう。
ちなみにファンクラブを通してチケットを頼むとまたポイントなどが溜まるのでいいですよ。
他にもバウホールなどの公演期間が短く人気の公演でチケット難が予想される時でも1度は観劇できると思います。
残席の情報もお知らせが来るので、何度も観劇したいという方にはもってこいだと思います。
・会総見といって会員の方々で観劇しお土産が付いてきたりという事もあります。
・コラボ総見と言って他のファンクラブと合同での観劇会。お土産付きで、出待ちでイベントがあります。
・組総見といって組の全てのファンクラブの方々と観劇する会。こちらもお土産付きでイベントがあります。
基本的に総見の時にお土産がつく場合は少しだけチケット代が高くなります。8300円が1万円になるくらいの金額です。
ファンクラブを通してチケットを購入すると応援している生徒さんのチケットノルマも達成され貢献できるので
ジェンヌさん達にはかなりの力になります。
・お茶会に参加できる
お茶会とは公演につき1度は開催されるイベントで広い会場を貸し切り、ケーキやお茶を頂きながら、生徒さんの公演中の
お話、プライベートなどを聞けたり、一緒にゲームをしたり写真を撮って握手をしたりといつも以上に大好きな生徒さんと
コミュニケーションをとる事ができるイベントのことです。私も様々な方のお茶会に参加した事がありますが会によって
違いがありとても楽しいですよ。オリジナルグッツの販売もあるので早く行って物販購入するのは楽しみの一つです。
お茶会費用は7000円〜10000円くらいになります。
・入り待ち出待ちに参加できる。
先ほども書きましたが入り待ち出待ちに参加するとかなり近い距離で生徒さんを感じる事ができます。
お手紙も直接お渡しする事ができるので覚えてもらうこともできます。
・年賀状、暑中お見舞い、バースデーカード、お礼状が届く。
ファンクラブの会員になると定期的に自宅にお便りが届きます。
このカードには生徒さん直筆のサインやコメントが書いてあったりしてとても嬉しいです。
・その他にも様々なイベントや特典、メリットが各ファンクラブによってあるみたいなので、楽しいこと間違えなしです。

宝塚ファンクラブのデメリットは!?

・お金がかかる
1番のデメリットではないでしょうか?年会費は6000円〜10000円。ファンクラブによって年会費は異なりますが…
他にも入り待ち出待ちの時に着用する(会服)といって毎公演によってウェアが変わるのでそのたんびにお金がかかります。
・チケットギリギリにしか手元に受け取れない。
チケットの受け取りは基本的に30分前に決まった場所での引き換えになるのでどんな席で観劇できるのかはその時までわかりません。
・どれだけ貢献したかで待遇が違う。
今までどれだけ入り待ち出待ちに参加したか、チケットを頼んだのか、お茶会に何人参加したのか、お花代をどれだけ包んだのか
で得点や待遇は変わって来ると思います。
簡単に言いますと結果的にお金をどれだけ生徒さんに使うか…だと思います。
色々と複雑な気持ちになるとは思いますがメリットがあればもちろんデメリットもあるわけです。
皆さんファンクラブに入会しようか迷っている方は、しっかりと考えた上で入会することをおすすめします。

関連記事

  1. 宝塚ジェンヌさんにファンレターを書く!!住所は!?

  2. 宝塚スカイステージとは?加入方や無料で見る方法は!?

  3. 月城かなとの年齢や本名、実家は!?

  4. 彩風咲奈のインスタやダンス、実家やファントムでの人気は!?

  5. 芹香斗亜のインスタグラムと本名と家族は!?

  6. 美園さくらの母は!?数学日本一?

  7. 真風涼帆のTwitterやインスタは?母はどんな仕事⁈涼風麻世との関係性とは?

  8. 宝塚観劇の時にオススメのランチやカフェ

  9. 宝塚出身の芸能人は!?

宝塚歌劇団ランキング

免責事項

当サイト上に掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、万が一、当サイトに不適切な記事、画像、リンク等がありましたら早急に削除するなどの対応を致しますので、こちらまでご連絡ください。

PAGE TOP