注目の記事 PICK UP!

宝塚「オーシャンズ11」のあらすじやキャストは!?

2018年9月21日に宝塚歌劇の公式ホームページで2019年4月〜7月にかけて行われる公演の発表がありました。
その公演は「オーシャンズ11」皆さん一度は聞いた事有りますよね?
そうハリウッド映画で、ジョージ・クルーニー、ブラット・ピット、ジュリア・ロバーツなどが出演していてシリーズ化している
大人気映画です。宝塚ではこの大人気映画を世界で初めて小池修一郎により舞台化をした作品なのである。
ダニーオーシャンを演じるのは今回で2度目の出演でもあり、2011年に新人公演では主役を演じた経験もある真風涼帆が挑戦する。
2番手の芹香斗亜は今回3度目の出演。彼女はラスティ役もダニー役も演じたこともある。
今回はプロフェッショナルの2人が出演する宝塚ファンにとっても大人気の
「オーシャン11」のあらすじや、キャストについてご紹介していきます。

ハリウッド映画が原作オーシャンズ11の詳細


今では世界でもとてもファンが多いこの映画。最近では最新シリーズ「オーシャンズ8」が映画館で上映された。
先ずこの映画の1番の見所はキャストが豪華すぎる!!いつも他の映画では主役を演じる様な一流の俳優揃い。
とにかくこのメンバーが全員カッコいいのです!
製作年2001年 アクション・サスペンス映画
監督:スティーブン・ソダーバーグ
主な役とキャスト
・ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)
窃盗の容疑で逮捕され牢屋に入っている。プロの詐欺師で様々な犯罪者に人脈を持つ。
妻であるテスに離婚を申請されている。
牢屋で新たにラスベガスのカジノ王ベネティクトの大金を盗む計画を立てる。
この作品の主役であり、窃盗グループのリーダー。

・ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)
ダニーの相棒で親友。ダニーと主に強盗計画する。
11人の仲間を集めるために色んな犯罪者をスカウトする。
イカサマポーカーの先生。

・フランク・キャットン
前科持ちのカジノのディーラーで身を隠すためにラモーン・エスカランテという名前で働いている。

・ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)
ラスベガスのカジノホテルの経営者で資産家。テリー・ベネディクトを憎んでおり
強盗計画の資金面でみんなをサポートする。

・バシャー・ター(ドン・チル)
イギリス人の爆破専門家。いつも部下に恵まれず警察に捕まりそうなところをラスティに助けられスカウトされる。

・バージル・モロイ(ケイシー・アフレック)とタークモロイ(スコット・カーン)
双子の兄弟でいつも一緒にいる。潜入や変装が得意。

・イエン(シャオボー・チン)
サーカス団員で中国雑技が得意でアクロバットなシーンに起用されている。

・リヴィングストン・デル(エディ・ジェイミソン)
機械に強くFBIの組織犯罪対策部で働いている。

・ソール・ブルーム(カール・ライナー)
天才詐欺師で高年齢のため現役引退をしていたのだが、計画のスケールの大きさに血が騒ぎ仲間入りをする。

・ライナス・コールドウェル(マット・デイモン)
有名な窃盗犯罪者の息子でスリの名人。ダニーとラスティに誘われ強盗に挑む。

・テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)
ラスベガスで3つのカジノを経営するオーナー。金儲けするにはどんな手も選ばない男。
ダニーの元妻であるテスのことが好き。この作品では悪役的な存在。

・テス(ジュリア・ロバーツ)
ダニーの元嫁。離婚を申請中。

この通りとにかくキャストが全員豪華なのです。もしご覧になった事が無い方はぜひ見て頂きたい映画である。
映画を見て宝塚版を見ると2度楽しめる事間違えなしです。

オーシャンズ11のあらすじ

ここでご紹介するあらすじは宝塚版でのあらすじです。映画とほとんど内容が変わらないのですが所々役の設定や
新しいキャラクターが出てくるのでご理解のほどよろしくお願いします。
(あらすじ)
まず幕あきは銀橋のど真ん中から主役であるダニーが囚人服で登場します。
彼は有名詐欺師で詐欺の容疑で強盗に失敗し警察に捕まって実刑を食らっていた。
彼に反省の様子はなく、新たに次の計画を狙っていたのである。そして妻のテスからは11枚目の離婚届けを申請される。
彼は出所すると昔馴染みの犯罪仲間であるラスティにコンタクトを取る。ここで男役のプロローグが始まります。
スーツ姿の男役達がかっこよく踊り出します。

一方ラスベガスのカジノ(パラディッソ)ではオーナーのテリーベネディクトが、新しいプロジェクトを進めている。
それはエバーグリーンという自然団体とのコラボレーションでそのイベントの歌手としてテスが起用されようとしている。
環境活動家をしていたテスにとって環境とエコの調和を目指すホテル「エデン」でのデビューは
歌手を目指していた彼女にとって素晴らしいチャンスの到来でした。
そしてテスは詐欺師の夫とは違い仕事ができるベネディクトに好意を寄せていました。
そんなテスからベネディクトを取られ嫉妬するのがホテルで、ショーの主役を演じステージの主導権を握るクィーン・ダイアナ。
彼女はテスに意地悪をします。
この場面ではマイクとスリージュエルズというストーリーテーラーのようなシンガー達が見事な歌を披露してくれます。

しかし、カジノ王でありホテル王でもあるベネディクトには裏の顔がありました。それを知っていたダニーは
妻であるテスを取り返すと主に、ベネディクトの金庫の大金を強盗するために、彼はラスティと主に仲間を集めるのです。
天才詐欺師のソール、アクションには右に出る者はいないイエン、手品師のバシャー、前科持ちのディーラーのフランク
ハッカーのリビングストン、双子の兄弟のモロイ兄弟、資金を出してくれるルーベン、スリが得意のラスティ
こうして11人のメンバーを揃えベネディクトに挑みます。
この場面の最後に皆んなで歌う、ジャンプというナンバーの場面はとても勇気づけられるナンバーになっています。

ラスティの彼女のでエルチョクロのダンサーのポーラ。彼女の祖父が経営しているお店エルチョクロは
ベネディクトから店の立ち退きを要求されていた。
それに反抗する祖父のリカルド。彼は昔にカジノでジャックポットを出した事がある。
久々にジャックポットを出すためにカジノへ向かう。そこでベネディクトの部下に捕まってしまう。
店の立ち退きを要求するために、誘拐したのである。祖父がいなくなり心配するポーラはラスティにこのことを相談する。
最初は金庫だけを狙う予定が、まさかのリカルドの救出の任務も増えるのである。

いよいよ計画を実行する日、カジノ内の防犯カメラをハッカーであるリビングストンがハッキングし、ダニーがわざと不審な行動をして
ベネディクトの部下に捕まる。他のメンバーもあらゆる手を使いカジノに侵入していくのである。
まず捕まったダニーが連れて行かれたのはカジノ内のにある拷問部屋。そこに監禁されていたリカルドを助ける。
しかしそこにはエバーグリーンのウッズ夫妻も捕まっていたのだ。ダニーはその3人を無事に助ける。
その頃イエンは柔らかい体を生かし、金庫に入れる売上金の荷物の中に隠れ見事金庫に潜入する。
金庫を開けるには、12時間ごとに変わる暗証番号を入れなければ開かない。すでに金庫内に侵入しているイエン以外は
金庫まで侵入するのが難しいと思われた。だがカジノ内で停電を起こしセキュリティを麻痺させている間にダニーとライナスが
金庫にたどり着くのである。すでに金庫に潜入していたイエンが中から爆発を起こし鍵をこじ開ける。
カジノ内で様々なハプニングが起こりカジノ内はみんなパニックに陥る。そんな中ベネディクトだけは冷静だった。
色んな異変に気付くと部下を連れて金庫へ向かう。同時にSWATという特殊部隊も到着し金庫へ入って見ると
あったはずのお金と逃げれる筈のないダニーとライナスとイエンの姿が無いのである。
実は駆けつけたSWATはダニーの他の仲間であり、3人もこのSWATの服に着替えて紛れ込み大金と共に逃げ去ったのである。
怒りに狂うベネディクト、彼の裏の顔をみたテスはカジノを後にする。

こうして全ての計画を無事に終え大金を山分けすると。そこに妻であるテスがダニーの元へ帰ってきたのである。
よりを戻した二人は今までに無いくらい幸せそうだ。そして手に入れた大金はテスの環境団体へと寄付し
二人はラスベガスのネオン街に消えていくのであった。

宝塚版でのあらすじには、映画には出てこないキャラクターも何人か登場します。
とてもわかりやすい作りになっているので何度も感激したくなる事間違えなしです。

オーシャンズ11の歴代キャスト

*星組 (星組新人公演) 花組  (花組新人公演) 宙組 という順番です
*ダニー・オーシャン
・柚希礼音(真風涼帆)・蘭寿とむ(芹香斗亜)・真風涼帆(鷹翔千空) 
*テス・オーシャン
・夢咲ねね(音波みのり)・蘭乃はな(桜咲彩花)・星風まどか(夢白あや)
*ソール・ブルーム
・未沙のえる(大輝真琴)・悠真倫(天満みちる)・寿つかさ(若翔りつ)
*リカルド
・英真なおき(千寿はる)・高翔みず希(神房佳希)・松風輝(澄風なぎ)
*ニック・スタイン
・英真なおき・(夢城えれん)・紫峰七海(更紗那知)
*テレサ
・万里柚美(優香りこ)・梅咲衣舞(鞠花ゆめ)・花音舞(天瀬はつひ)
*ハリー・ウッズ
・美稀千種(凰姿有羽)・夕霧らい(羽立光来)・星吹彩翔(雪輝れんや)
*アン・ウッズ
・毬乃ゆい(妃白ゆあ)・初姫さあや(菜那くらら)・美風舞良(湖々さくら)
*ラスティ・ライアン
・涼紫央(芹香斗亜)・北翔海莉(水美舞斗)・芹香斗亜(優希しおん)
*ルーベン・ティシュコフ
・美城れん(真月咲)・紫峰七海(冴華りおな)・凛城きら(希峰かなた)
*ルビー(スリージュエルズ)
・花愛瑞穂(夢妃あんる)・芽吹幸奈(桜帆ゆかり)・瀬戸花まり(花宮沙羅)
*サファイア(スリージュエルズ
・音花ゆり(空乃みゆ)・菜那くらら(乙羽映美)・華妃まいや(春乃さくら)
*エメラルド(スリージュエルズ)
・白妙なつ(妃海風)・仙名彩世(朝月希和)・天彩峰里(朝木陽彩)
*イエン
・鶴美舞夕(瀬稀ゆりと)・華形ひかる(真輝いずみ)・秋音光(愛海ひかる)
*フランク・カットン
・夢乃聖夏(十碧れいや)・瀬戸かずや(和海しょう)・澄輝さやと(真名瀬みら)
*テリーベネディクト
・紅ゆずる(天寿光希)・望海風斗(柚香光)・桜木みなと(亜音有星)
*チャールズ
・碧海りま(ひろ香祐)・彩城レア(日高大地)・星月梨旺(凰海るの)
*クィーン・ダイアナ
・白華れみ(稀鳥まりや)・桜一花(仙名彩世)・純矢ちとせ(天彩峰里)
*バシャー・ター
・壱城あずさ(紫藤りゅう)・春風弥里(大河凛)・蒼羽りく(湖風珀)
*リビングストン・デル
・美弥るりか(麻央侑希)・鳳真由(舞月なぎさ)・瑠風輝(なつ颯都)
*バージル・モロイ
・如月蓮(漣レイラ)・水美舞斗(蘭舞ゆう)・優希しおん(碧咲伊織)
*ターク・モロイ
・天寿光希(音咲いつき)・柚香光(矢吹世奈)・鷹翔千空(真白悠希)
*エディ
・海隼人(愛水せれ奈)・冴月瑠那(凪咲星南)・実羚淳(はる香心)
*ジョー
・朝都まお(翔馬樹音)・日高大地(碧宮るか)・七生眞希(有愛きい)
*ブルーザー
・汐月しゅう(飛河蘭)・天満みちる(綺城ひかり)・若翔りつ(惟吹優羽)
*ポーラ
・音波みのり(早乙女わかば)・花野じゅりあ(華雅りりか)・遥羽らら(栞菜ひまり)
*ベス
・優香りこ(紫月音寧)・華耀きらり(紗愛せいら)・愛白もあ(華妃まいあ)
*テーラー
・大輝真琴(輝咲玲央)・月央和沙(航流ひびき)・美月悠(琥南まこと)
*ハロルド
・真月咲(若夏あやめ)・航流ひびき(美花梨乃)・春瀬央季(雪乃かさり)
*バッキー
・千寿はる・(珠華ゆふ)・羽立光来・(花奈澪)
*ライナス・コールドウェル
・真風涼帆(礼真琴)・芹香斗亜(優波慧)・和希かずき(風色日向)
*ボブ
・芹香斗亜(凰津りさ)・真輝いずみ(桜舞しおん)・希峰かなた(琉稀みうさ)
*ディック
・麻央侑希(瀬央ゆりあ)・和海しょう(千幸あき)・真名瀬みら(嵐之真)
*マイク
・礼真琴(夏樹れい)・大河凛(桜舞しおん)・留依蒔世

オーシャンズ11の音楽

宝塚版のオーシャンズ11は全てオリジナルの音楽が一つの見所になっています。
・FATE CITY:男役のプロローグのナンバー
・PARADISO1:カジノホテルのパラディッソでのナンバー
・EDEN:テスのテーマ曲
・NEVER GIVE UP:11人の仲間のナンバー
・クィーン・ダイアナ:クィーンダイアナのテーマ曲
・あの頃の私:ダニーとテスの出会った頃を思い出す歌
・楽園を出た二人:テスの2個目のテーマ曲
・カードこそ我が人生:フランクによるディーラーの歌
・モロイ兄弟:モロイ兄弟による陽気な歌
・夢を売る男:ベネディクトのテーマソング
・MR.PICKPOCKET:ライナスのスリをしながら歌うナンバー
・JUMP:11人の仲間によるナンバー
・生きてるうちに:マイクとスリージュエルズによるナンバー
・JACKPOT:1幕最後に全員で歌うナンバー

オーシャンズ11の見どころは!?

この作品での見どころは?と言われて思うのはまず一言では言えません。
でも思うのはとにかく楽しく映画を見ているような気分になれます。
そして一度では全ては見切れないと思います。
とても舞台装置の転換が凄く、1台70キロほどあるスロットマシーンが何台も並んでいて本当にラスベガスのカジノ
にいる雰囲気です。映像による背景も多く電車が通ったり壁に防犯カメラの映像が流れていたりと、舞台装置でも楽しむ
事ができるのです。ダニーとライナスによる金庫までの経路も空中に釣れられていてとても見事です。
音楽も宝塚のオリジナルでナンバーも多く見応えある舞台となっています。
演者の役も多くアンサンブルも様々な役を演じているのでとても忙しそうですが、細部にまでこだわって演者を使っているので
お目当の生徒さんを探すのもとても楽しいです。
ナンバーの振り付けも外部の先生のSHUN先生と桜木涼介先生なので外部の舞台を見ているような感じになれます。
特にフィナーレナンバーはトランプを使ったり振り付けもセクシーでカッコよく組みによって変化があるので
楽しみの一つとなっています。そして2019年に宙組みで再演されると決まり私が一番楽しみにしているのは
真風涼帆さんは2度目の出演で新人公演ではダニーを演じていて、思い出の作品であるという事。
2番手の芹香斗亜はまさかの3度目の出演で新人公演では真風さんの相棒のラスティも演じているし、花組に組み替え
してからは新人公演でダニーを演じている。今回の再演ではラスティを演じる。
星組み時代に新人公演で演じた配役なので、懐かしいあの頃の組み合わせで観劇できるという事でも注目されています。
そしていつも2番手の男役が演じるテリー・ベネディクト役に桜木みなとさん。
芹香さんファンにとったら少し悔しい不服なところがありますが、こちらも勢いに乗っている桜木みなとさんがどんな
風に演じてくれるのかが見所になってきます。
そして今回クィーンダイアナ役の純矢ちとせさんの退団。今まで宙組みの力になって来た彼女の退団はとてもイタイ。
そんな彼女が最後にパワーアップして役を演じる事間違えなし。
更にこの公演には手品や舞台装置もかなりの見所である。
105期生の初舞台生のお披露目公演!その中には松岡修造さんの娘もいる。
これは必ず観劇に行く事をお勧めします。
乞うご期待!

関連記事

  1. 永遠輝せあのお茶会と歌唱力は?

  2. 宝塚受験するには?年齢や体重、倍率は!?

  3. 檀れい離婚理由は不妊!?父との関係は?

  4. 夢咲ねねと愛加あゆの年齢や実家は?インスタグラムはやっている!?

  5. 大和悠河の歌は?実家や事務所ツイッターは?家は帝国ホテルに?

  6. 礼真琴のインスタやブログは!?家族は!?

  7. 大地真央の美容法やメイクは!?黒木瞳との関係性は!?

  8. 真風涼帆のTwitterやインスタは?母はどんな仕事⁈涼風麻世との関係性とは?

  9. 和央ようか結婚後の花總まりとの関係は?ファントムでの歌は?

宝塚歌劇団ランキング

免責事項

当サイト上に掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、万が一、当サイトに不適切な記事、画像、リンク等がありましたら早急に削除するなどの対応を致しますので、こちらまでご連絡ください。

PAGE TOP