注目の記事 PICK UP!

和央ようか結婚後の花總まりとの関係は?ファントムでの歌は?

皆さんこんにちは!!
最近、現役のジェンヌさんではなく、歴代のOGのジェンヌさんに視点を置く事が
増えたな…と思う今日この頃です!
皆さんは宝塚ファン歴はどのくらいですか!?
ちなみに私は今年で16年ほどになります。
私の周りにはファン歴、半世紀の大先輩が沢山いて、私も目指せ半世紀なんて…
言ってみたり…まだまだこれからだなと思う毎日でございます。
今回私が気になったのが、ちょうど私がファンになり始めた頃にトップスターであった方です。
独特の雰囲気をもった彼女の舞台を何度も観劇しに劇場に足を運んだことを今でも覚えています。
その方は和央ようかさん!!
皆さんももちろんご存知ですよね!?
元宙組の歴代2番目のトップスターさんです。
退団後は、世界を代表する音楽作曲家のフランク・ワイルドホーンさんと結婚し(TAKAKOワイルドホーン)さんに
なったことでも有名ですね!!そんな和央ようかさんはなぜ国際結婚されたのか!?
彼女の知られざる生い立ちなどを調べてみました!!
今回のテーマは和央ようか結婚後の花總まりとの関係は?ファントムでの歌は?
についてご紹介していきたいと思います!!

和央ようかの来歴

和央 ようか(わおう ようか) 旧姓 大川貴子(おおかわ たかこ)
現在の芸名 TAKAKO
生年月日 1968年2月15日
出生地 日本の旗・東京都世田谷区
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台・映画
東京都世田谷区で生まれるがその後、間もなくして大阪に移り住む。
小学校1年のころからクラシックバレエやピアノなどを習い始める。
中学生の時にバレーボール部に在籍する。
ですが指に怪我をする危険があると、ピアノの恩師に止められ陸上部へ入部するのである。
種目は走高跳の選手だった。
高校は帝塚山学院高等学校に入学。
高校時代は中途で入部したミュージカル部で活躍する。
このころ、友人に誘われて宝塚歌劇を初めて知り花組の「琥珀色の雨にぬれて」を観劇して受験を決意する。
高校が関西ではとても有名な女子高で身長が高く、美しいお顔立ち!
さらにミュージカル部で表に出る機会が多かった事から、女学生ののファンクラブがあったほどの
人気者だったそうで、休み時間になると和央さんをみに廊下に人だかりができていたそうです。
1986年に宝塚音楽学校に見事合格を果たす!
1988年に2年間の学校生活を終え音楽学校を卒業する。
74期生として宝塚歌劇団入団する。入団時の成績は7番で「キス・ミー・ケイト」で初舞台を踏む。
同年に雪組に配属される。
その後、「ベルサイユのばら-アンドレとオスカル編-」の新人公演では入団2年目でオスカル役に選ばれ大抜擢をされる。
1993年「天国と地獄」の新人公演初主演。
1995年にはバウホール公演「大上海」で初主演を務め上げた。
その後様々な役を通して新進男役スターとして成長するのである。
1997年には当時雪組のトップスターであった轟悠に次ぐ、雪組2番手スターに昇格を果たす。
1998年に宙組の創設メンバーに選ばれる。宙組に組み替えし初代宙組トップスターの姿月あさとに次ぐ2番手スターで活躍する。
2000年に先代のトップスター姿月あさとの退団により、宙組トップスターに就任する。
お披露目公演は全国ツアー「うたかたの恋/GLORIOUS!!」。
宝塚大劇場お披露目公演は「望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー!」。
相手役には先代に引き続き花總まりを迎える。
その後代表作には日本で初のミュージカル「ファントム」で仮面の男(エリック)主人公を演じた。
2005年10月に退団を発表。
同年12月21日、シアター・ドラマシティ公演『W-WING』の上演中にフライングの装置が外れてしまい、2メートルの高さから転落。
骨盤、肋骨骨折の重傷を負ってしまう。
歌劇団発表は全治1ヵ月であったが、実際は全治に3ヵ月以上はかかる大怪我だったらしい…
退団公演は「NEVER SAY GOODBYE」では入院中でありながら稽古に通い、舞台に立ち続けた。
どちらかというとダンサー和央であったが、大怪我の回復状態への配慮から、
退団公演ながら和央のダンスシーンはほとんどなかった。
2006年7月2日、同作品の東京公演千秋楽をもって退団。その後、リハビリに専念する。
2007年1月に青山劇場で退団後初のコンサートとなる「YOKA WAO CONCERT」を開催。
構成・演出はなんと宝塚を代表する演出家の小池修一郎が務める。
同年8月のコンサート「NEW YOKA 2007 〜ROCKIN’ Broadway〜」では自ら構成を担当する。
2007年12月には、自身初となる主演映画「茶々 天涯の貴妃」が公開する。
この映画で、2008年に第8回おおさかシネマフェスティバルの主演女優賞を受賞するのである。
2008年10月「シカゴ」で宝塚退団後初のミュージカル出演する。
2009年12月に「中央流沙」(TBS・毎日放送)で、テレビドラマに初出演した。
退団後は、自身のコンサートやディナーショーでは男役を演じ続けている。
2012年6月29日、初の海外コンサートをシンガポールで開催した。
2014年3月31日、米国出身の作曲家であるフランク・ワイルドホーンとの結婚を発表する。
同年の1月に婚約する。2015年7月25日にハワイ州マウイ島で挙式をあげる。
その後プロダクション尾木所属。
2016年、日本国外での活動名を「TAKAKO」とすることを発表し現在モデルとしても活動の幅を広げている。

ツイッターやインスタグラムは!?

さて現役中はツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSを禁止されているジェンヌさんたち。
それはなぜか…!?それは彼女のたちの所蔵権が全て宝塚歌劇団にあるからなのです。
写真を撮ってもけしてアップはしてはいけなし、知らずに一緒に映った方がSNSなどにあげてしまい
それが拡散され、干されたジェンうさんもいるくらいです。
それくらい宝塚は秘密の花園として徹底されているのです。
だからこそ105年を超える歴史が代々と受け継がれていくのだと思います。
今の流行りに乗れないことは少しもどかしかったり、色んなことを思う事があると思います。
ですが明かされないからこそ魅力があるのかもしれませんね!!
様々なSNSを調べた結果、和央さんはツイッターとインスタグラムで公式アカウントを
運営されています。芸能活動の告知を始めさすが我らがTAKAKO!!
ニューヨークでの毎晩のパーティー。旦那様のフランク・ワイルドホーンさんとの写真。
さらにセレブな生活ぶりを公開されています。
もう見れば見ているほど、日本人ではなくアメリカに元々住んでるかのような雰囲気で
とてもお洒落なのです!!インスラグラムを拝見すると日本にもよくいらっしゃっているみたいで…
私ごとではありますが、なんだか嬉しくなりました!
もしご興味がある方はぜひご覧になって下さい。
今現在のTAKAKOさんは現役の頃の雰囲気も残しつつ、ザ!アジアンビューティーそのものですよ!!

和央ようかのファントムでの歌唱力


皆さん和央ようかさんといえば…!?
私が思いつくのは歌と代表作でもある「ファントム」を思いつきます。
先ず彼女は容姿、お芝居、ダンス、歌でいうと容姿とダンサーの方では無いでしょうか!?
率直にいうと、声にかなりの特徴があってお芝居も歌もどこかクセになる個性がある様に私は思います。
とてもクセがありますが、表現力と歌では特に高音が響いていて、色んなキャラクターを演じていても
安心して聴いて作品を楽しめた様に私には思えます。
宝塚では再演の定番といっても過言では無い「ファントム」
現に今まで4度の再演を果たし人気を博している作品でもあります。
最近では、雪組で望海風斗さんと真彩希帆さんによって演じられ歌唱力と演技力共に高い評価を
受けたことでも有名ですよね!
実は日本で初めてこの「ファントム」が上映されたのは宝塚なのです。
それも宙組が初演を演じているのです。もちろん主人公である仮面をつけた怪人役を和央さんが演じ
ヒロインんであるクリスティーヌ役を花總まりさんが演じています。
当初、トップスターである彼女に顔に傷のメイクをして醜い設定は宝塚としてどうなのか!?と
問題視もされましたが…素晴らしい楽曲と歌唱力、宙組全体の演技力にたちまち人気作品に…
醜い設定であっても、和央さんが演じると素敵な役になりファンを魅了しました!
この作品の見どころはやはり歌!
主人公であるエリックは自分の心の叫びや、感情を全てさらけ出す、
気持ち的にも技術的にも難易度の高い歌を何曲も歌うのです!
和央さんは音域も広く、特に高音の多いこの難易度の高い曲たちを
上手く歌っている様に私には感じました。
また一緒に歌う相手役の花總さん、お父さん役の樹里さん、恋のライバル役の安蘭さん
この主要な方々が歌がうますぎて…
正直に言いますといつもより歌がお上手に聞こえた様にも思いましたが
この「ファントム」という作品で技術アップしたのでは無いかと思います。
最近のトップさんや抜擢されている男役さん達…
正直にいうと技術力の向上にもう少し力を入れて頂きたいなと思うのが私の中での本音でもあります。
昔の方々よりも威厳というか個性と言いますか、何か奥深さが足りないし余りのも伸び代が少なすぎる様に思うのです。
とにかく、もっとひと昔前の世代の方々から良い所を見て聴いて感じて技術を盗んで欲しい所ですね!!
そういった意味では和央さんは宝塚では歌のお上手な方だと私は感じます。
人それぞれ感じることは違うので…ちなみに皆さんはどう感じましたか…!?
歌のことを書くために「ファントム」を例にして感想を述べましたが
以前私も「ファントム」に関しての記事をアップしているのでもし気になった方はそちらも
チェックして見て下さい!!とっても素敵な作品なのでぜひ一度は見て頂きたい作品の一つです!

結婚相手は!?


2014年、宝塚ファン達に衝撃のニュースが!!
なんと元宙組トップスターである和央ようかさんが結婚したのだ!
皆さんの気になるお相手は…世界的にもミュージカル界では有名な作曲家
フランク・ワイルドホーンだ!!
代表作は「ジキル&ハイド」で、ブロードウェイで4年間上演された。
他にも「スカーレットピンパーネル」「ルドルフ ザラストキス」などが有名な作品である
楽曲提供したホイットニー・ヒューストンの「Where Do Broken Hearts Go 」は世界中で第1位を獲得した。
日本人にとったらあまりピンとこない方が多いかと思いますが…
アメリカでは日本と違ってミュージカルやエンターテイメントがもっと身近なもので
わかりやすく言いますと、日本でいう小室哲哉さんと結婚された!というのが一番イメージがつきやすいでしょうか!?
それくらいショービジネス界では有名な方と結婚をされたということです。
今現在は、日本を離れ、生活の拠点をニューヨークに移している。

お二人の馴れ初めは一体なんだったのでしょうか!?
先ず二人のはじめの出会いはまだ彼女が現役時代の頃。
彼女自身の退団作品「NEVER SAY GOODBYE」の曲を彼が書いてくれたのがきっかけだそうです。
本人のコメントに「有名なブロードウェイの作曲家が来ると聞いて緊張したそうです」
だんな様であるフランクさんも宝塚をあまり知らない状態でのコラボレーションであったため
顔合わせでとても緊張していたみたいです。
フランクさんは彼女の第一印象を「背が高くて美しくて。そこにいる佇まいも歌い出した声も、ほかのみんなとはまったく違って見えました。その感覚はよく覚えています」とのこと…つまり一目惚れということですね!
裏の秘話で、フランクさんはバツイチで女性が大好き!という情報から怪我からの復帰さらに
自身の退団公演という事で集中させるためにもあまり二人が近づかない様に周りの配慮があったみたいです。
まさか自分が結婚するなんて思ってもいなかったみたいで、まず結婚したことに驚いていらっしゃいます。
更に彼が弾いてくれるピアノだと、いつもよりうまく歌える気がするみたいで
私の好きなテンポで、歌いたいように合わせてくれる。本来の実力以上のものを引き出してくれるフランクさんに
夫としても芸術家としても尊敬されているみたいです。
お二人の結婚は雑誌にも特集を組んで取り上げられるほど
今ではどこに行くのも一緒だそうです。お幸せでとても羨ましい限りです。
ですが国際結婚は色々と苦労もあるみたいで、特にショービジネスでは有名なフランクさん。
表舞台でもあるパーティーへの出席も多いみたいで、ドレスアップをしてパートナーに対しての華になになるのが
女性の役目であったりもします。今までトップ男役としてなんでも娘役がやってくれていた事を実際に男性に対して
行うのがとても難しい事もあるみたいです。ご活躍されている方の妻になるのは大きな壁があるという事がわかりますね!
最近では日本以外での活動でのお名前を(TAKAKO)と名乗っている彼女。
モデルや海外の舞台で活躍できのは夫でもあるフランクさんのお陰でもあるみたいです。
世間からは現在あまり印象を持たれていない彼女…それは一体何故なのでしょうか!?
宝塚歌劇団退団後、残念ながら問題児扱い。関係者らしき人々からは、ろくな話がしか無いみたいで…
現役時代にパートナーでもあり信頼をおいていた花總まりが、和央ようかの個人事務所・Wao Enterpriseを離れたのも、
こうした彼女のトラブルが原因だったのかもしれません…その後花總さんとは共演NGの関係に!
2016年には、宝塚OGによるミュージカル「シカゴ」に出演し、ニューヨーク公演を大盛況にやり遂げた。
アメリカでは本名の(TAKAKO)を名乗り、現地の名門ジャズクラブで、
ブロードウェイのトップスターたちとの共演も果たしています。
これも全て愛する(TAKAKO)の為に夫のフランク・ワイルドホーンが呼びかけして実現したものだったそうです。
もともとブロードウェイ進出を夢見ていたそうで…
「フランクさんと結婚した理由はコレだったか……」と囁く人々も少なくはありません。
宝塚からのファン的にも彼女が自分の力でトップスターの座を手にした時の様にあの時の伝説でもある彼女に
返り咲く事をみんな心待ちにしているみたいです。
今後の彼女の活躍にも大注目ですし末長くお幸せでいて欲しい限りです!

花總まりとの関係は!?


和央ようかさんといえば、あの宝塚の女帝と呼ばれていた花總まりさんとコンビを組んでいた事でも有名です。
花總まり(はなふさまり)はなんとトップ娘役を12年もされていた生きた伝説の様な存在。
財閥の出身でかなりの才女。とても大金持ちのお嬢様としても有名でした。
その分性格もなかなかの酷さであった事も有名…
花總まりが最後の6年間,コンビを組んだ男役トップの和央ようかとは、あまりの仲の良さから
恋愛関係を疑われたほどでした。と言いますかリアルにその様な関係だったそうです…
2006年に揃って退団した2人は。
退団後は事務所の代表・マネージャー(花總まり)と所属タレント(和央ようか)という異例の関係で運命を共にしていました。
この関係がそもそも異例すぎて…ファンからしては早く離れた方がお互いにも活躍できるのでは!?
という意見もあったそうです。
そんな二人が2010年に花總まりが芸能活動を再開したころから運命共同体ではなくなった様子みたいで…
お互いに芸能活動を続けて行くために、マネージャーを辞め経営していた個人事務所を去った花總さん。
その後も仲のいい関係は続くと思われましたが…
2014年に、アメリカ出身の作曲家フランク・ワイルドホーンと結婚した和央ようかさん
まさか元パートナーである彼女が男性と結婚するなんて!花總まりさんはかなりのショックを受けているのではないか?
と心配する声囁かれました。
その後見返すかのように、花總さんも芸能活動に対して頭角を現し、今ではミュージカル界を代表する女優に!
今現在では所属事務所の副社長との関係を色々と噂されています。
その後二人の関係は暗黙の了解で共演NGとの事…
あんなに息のあって素敵な関係のトップコンビは今後現れない気がします。
時間が解決してくれるのでしょうか、また二人が笑いあえて共演してくれる事を密かに願っています!

和央ようか韓国!?


和央ようかと調べると韓国!?という組み合わせで調べられている事が多いみたいなのですが
これは彼女が在日韓国人なのではないかという噂からです。
結果彼女は純日本人みたいなのですが…正直どちらでもいいのでは!?
さらにいうと和央さんはとっても韓国が大好きだそうでよく旅行にも行っていらっしゃるそうです。
そして韓国の俳優さん達とも交流があるそうなのでよく韓国というテーマで調べられているみたいですね!
特にJYJのジュンスさんとはミュージカルつながりでよく会って写真を撮ってそれを
SNSにアップされていらっしゃいます!!
彼女の行動力、夫であるフランクさんのお陰なのかはわかりませんがますます世界のTAKAKOに
なっていってらっしゃって宝塚退団後もすごく注目される事も多くこれからも気にしていきたいなと思いました。

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか!?
私がファンになりたての頃にトップスターであった和央さん
は気がつけば世界のTAKAKOさんになっていました!
出会いとは凄いですね!人生が変わるとはまさにこの事!
昔の男役さんであった時の素晴らしさは、もし見たことのない方には
DVDなどで必ず見て頂きたい!
今は不仲説の花總まりさんとの息の合ったパフォーマンスは見ているだけで幸せになれます。
それくらいお互いを信用しているんだなと伝わるほどです。
現在は残念ながら共演NGとの事なので、いつか時が解決して二人仲良くして
表に出てくださる機会があればファンにとってもこれほど幸せなことはないのでは…?
これからもフランクさんとはお幸せに世界でどんどん活躍していってほしいなと思います。
今回のテーマは和央ようか結婚後の花總まりとの関係は?ファントムでの歌は?でした!!

関連記事

  1. 宝塚のメイク方法は?道具は何を使うの!?

  2. 宝塚「オーシャンズ11」のあらすじやキャストは!?

  3. 美弥るりかの実家は?宇月颯との関係!?Twitterは?

  4. 柚香光の本名と実家は!?モデル経験?お茶会は!?

  5. 宝塚ジェンヌさんにファンレターを書く!!住所は!?

  6. 芹香斗亜のインスタグラムと本名と家族は!?

  7. 蘭世恵翔の母は君島十和子?娘役に転向?

  8. 瀬奈じゅんのインスタグラムは?エリザベートや舞台での歌は?

  9. 檀れい離婚理由は不妊!?父との関係は?

宝塚歌劇団ランキング

免責事項

当サイト上に掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、万が一、当サイトに不適切な記事、画像、リンク等がありましたら早急に削除するなどの対応を致しますので、こちらまでご連絡ください。

PAGE TOP