注目の記事 PICK UP!

カラオケバトルりりかのインスタグラムは?結婚相手はどんな人?

みなさんこんにちは!毎日とても暑い日が続く今日この頃ですが…みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私は今度やっと宝塚を観劇に行く予定ができました。最近今まで応援してきた大好きなジェンヌさんたちが次々と退団を発表…個人的にこれからの宝塚一体どうなってしまうの…?と思いながらも観劇の時は新しく頑張っている若手の子達を探すという事に最近目を向け始めている私です。

私の近況はさておきまして、最近ある舞台を観劇に行ったときにこの方見たことある方だなと思った女性の方がいて…それがカラオケバトルでもよく見かける元宝塚のRIRIKA(りりか)さんだったのですが、なんと次の日ラインのニュースに昨日見かけたりりかさんが、陶芸家の男性と結婚されたことを発表された事がニュースになっていてビックリ!昨日の今日で個人的のとても嬉しくなってしまい、心からの祝福を申し上げたいです。

ということで今回はカラオケバトルりりかの年齢やインスタグラムは?結婚相手はどんな人?についてご紹介していきたいと思います。

来歴

宝塚を退団されてから数年…あの人気番組(カラオケバトル)で元宝塚歌劇団の生徒として100点をたたき出すなどで一躍有名になった彼女は今までどの様な人生を送られてきたのでしょうか…?ご紹介していきましょう!


本名:竹田和世(たけだ かずよ)1984年12月26日生まれの大阪府出身の彼女。
両親は大阪府で社交ダンスのビックバンドをやっていて、小さい頃から身近に音楽に触れる環境で育った。音楽が好きになるのは自然な流れだったと彼女は言う。

自宅の近くにカラオケの店がオープンしてから、よく両親に連れられて通っていたそうです。小さい頃からテンソン爛漫の感情表現がとても豊かな女の子だったそうで、幼少期の写真はほとんどが変顔をしているそうです。両親に連れられてカラオケに行った時は、フィンガー5の学園天国か、お母様がよく聞いていた小泉今日子さんの歌をよく歌っていたそうです。
この頃から、将来の夢はシンガーソングライターになることだったそうで、大好きな歌を毎日の様に歌っていたそうです。ご両親の英才教育が素晴らしいですね!

その後もずっと変わらず、大好きな歌の世界に入りたいという志を胸に毎日練習を欠かさなかったそうです。高校ではミッションスクールであるプール学院高等学校に入学する。転機を迎えたのは高校時代。今後どうするのかを進路に悩んでいた時に、自身の背中を押してくれたのが小さい頃から宝塚が大好きな母の言葉だったそうです。

ある日、今後の進路を相談していた時に言われた一言「実はお母さん宝塚を受験したことがあって残念ながら不合格だった」という話を聞いて、宝塚に興味を持ち大好きな音楽を続けることが出来るのであれば、私も挑戦してみたいと強く思ったそうです。受験を決意してから課題曲の練習やダンスのお稽古もスタートさせ、一応、落ちた時に音楽大学も受験する事も考えて、調音などの音楽的基礎はたくさん勉強していたそうです。

そして見事、宝塚音楽学校受験に合格。シンガーソングライターになりたいという夢を持ったまま、2001年に第89期生として入学する。同期には花組トップスター明日海りおさん、雪組トップスター望海風斗さん、元星組娘役トップ夢咲ねねさんなどのトップスター揃いの華の89期です!そして2年の学校生活を終え、宝塚音楽学校を無事に卒業し、宝塚歌劇団へと入団する。入団時の成績は11番 芸名は花咲りりか(はなさき りりか)

2003年 月組公演「花の宝塚風土記-春の踊り-」「シニョール ドン・ファン」で初舞台を踏む。
その後、花組に配属される。
彼女の努力と負けず嫌いの性格からか花組の同期の中で1番をキープし歌唱力テストの時には在団生で史上初の歌唱力評価「秀」を獲った。
2004年1月「天使の季節/アプローズ・タカラヅカ! -ゴールデン90-」新人公演:大使の妻役(本役:聖花まい)
2004年5月「NAKED CITY」
2004年8月「La Esperanza-いつか叶う- /TAKARADUKA舞夢!」
2005年1月「くらわんか」お咲/お里
2005年3月「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」新人公演:シュザンヌ役(本役:翔つかさ])
2005年9月「Ernest in Love」(日生)ロンドン市民役(1幕)/農民役・メイド役(2幕)
2005年11月「落陽のパレルモ/ASIAN WINDS!-アジアの風-」ベッカデッリ令嬢役 新人公演:サンドラ役(本役:舞城のどか)
2006年3月「スカウト」マチルダ役
2006年5月「エンカレッジ・コンサート」
2006年6月「ファントム」ベラドーヴァ役 新人公演:ミレイユ役(本役:絵莉千晶)
2006年11月「MIND TRAVELLAR -記憶の旅人-」(シアタードラマシティ・東京特別公演)エイミー役
この公演で、シンガーソングライターの夢を捨てきれず退団を決意し4年間という短い宝塚生活終える。


退団後は現在の事務所に所属する。名前も改め(RIRIKA りりか)。
ミュージカルの舞台を中心の活動を始めると同時に路上ライブもおこなっていたそうです。
・宝塚退団後の出演舞台
2008年 堂本光一主演「Endless shock」ヒロイン リカ役
2008年ミュージカル「ミスサイゴン」エレン役
2009年ミュージカル「ミスサイゴン」エレン役
2010年ミュージカル「星降る夜に踊る☆恋バナ」ヒロイン
2010年ミュージカル「intro the woods」シンデレラ役
2012年ミュージカル「TRAILS in concert」ヒロイン エイミー役
2012年ミュージカル「FAMILY」友子役
2015年ミュージカル「trails」 ヒロイン エイミー役
2015年「愚者よ」ヒロイン 八重役
2015年ブロードウェイミュージカル「little women〜若草物語〜」メグ役
2016年ミュージカル座「I HAVE A DREAM」ヒロイン ジャネット役

・テレビとラジオの出演
2010年 トレインチャンネル「しぐさの裏心理学」
2012年 ハピラジ!にて「ファンタスマゴリックの壊れちゃったラジオ」スタート
2014年 FM「beautiful future」パーソナリティー
2014年 シネマジーンにてシネマレビュー担当
2014年 TOKYO MX「幸せな結婚式〜ハピフェス〜」知って得する結婚式での豆知識レギュラー
2014年「THEカラオケ★バトル」
2015年「歌の異種格闘技戦6」 準優勝
2015年歌の異種格闘技戦7」 準優勝
2015年「2015 年間チャンピオン決定戦」決勝進出
2015年「歌の異種格闘技戦8」 準優勝
2016年「最強プロ VS U-18四天王 新春ドリームマッチ」 U-18四天王堀優衣に勝利
2016年「歌の異種格闘技戦9」 優勝(初優勝)
2016年「春のグランプリ4時間スペシャル」予選で自身初となる100点を獲得、決勝進出(シーズン3もトップ6留任)
2016年「歌の異種格闘技戦10」 準優勝
2016年「最強女子ボーカリストNo.1決定戦4」 ミュージカル共演経験のある中村萌子らを抑え、2度目の優勝。
2016年「歌の異種格闘技戦12」決勝で自身2度目となる100点を獲得し(決勝では初)、3度目の優勝。
2016年「年間チャンピオン決定戦」7位
2016年「最強女子ボーカリスト№1決定戦5」優勝(4度目)
2016年「歌の異種格闘技戦13」優勝(5度目)
2017年「春のグランプリ4時間スペシャル」優勝、初のビックタイトル(6度目の優勝)

ライブ・音楽活動
2008年 プロ野球公式戦 国歌斉唱(京セラドーム)
2010年 赤西仁コンサート「友&仁」コーラス
2011年 ソロライブ『RiRiKA with Moment Strings Quartet』(東京俱楽部、神戸チキンジョージ)
2011年 井上芳雄クリスマスコンサート ゲスト出演
2012年 ソロライブ『RiRiKA with Moment Strings Quartet』(東京俱楽部、神戸チキンジョージ)
2012年、HARAJUKU SOUND COLLECTION出演
2013年 デビューミニアルバム「ラストダンスは私に」発売
2013年 「Zlee 3rd Dinner show」(コットンクラブ)出演
2013年 瀬奈じゅんコンサート(東京国際フォーラム) コーラス
2013年、ゲーム『CONCEPTIONII 七星の導きとマズルの悪夢』主題歌、挿入歌、エンディングソング (PS Vita,ニンテンドー3DS)
2013年、モブキャスト クライマックスシリーズ パ 第4戦 東北楽天イーグルスVS千葉ロッテマリーンズ戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)にて国歌斉唱
2014年 RiRiKA solo live 「save the last dance for me」(目黒ブルースアレイ)
2014年 ファンタスマゴリック アルバム「綴る」発売
2014年 モンスターハンター10周年記念アルバムにて メインテーマ英雄の証 歌唱
2014年 東宝芸能Musicalチャリティーコンサート「Espoir 〜希望をもって〜」
2014年 ファンタスマゴリック シングル「生まれてくれてありがとう」発売
2015年 RiRiKA solo live 2015「My Dearest」(銀座スイートベイジルゼロ)
2015年 シングル「My Dearest」発売
2015年 RiRiKA solo live 2015「My Dearest-encore-」(原宿ラドンナ)
2015年 RiRiKA solo live 2015「My Dearest-encore-」(京橋ベロニカ)
2015年 ゲーム「ファイナルファンタジーXI」最終章エンディングソング「ヴァナ・ディールの星唄 -Rhapsodies of Vana’diel」
2016年 RiRiKA SOLO LIVE「MY TURE SELF」(TOKYO FMホール)

インスタグラムやツイッターは?

カラオケバトルでの優勝で一躍有名になったりりかさん。なんと宝塚の在団年数はたったの4年という…あまりタカラジェンヌという雰囲気には見えないのだが、そこが彼女の個性でもあり魅力なのかもしれない!

さて、今から13年前に宝塚を退団した彼女。インスタグラムやツイッターなどが出回る前から、芸能活動を行ってきたりりかさんはインスタグラム、ツイッター、ブログなどのSNSを行っているのでしょうか?

先ず、基本的に宝塚現役の時はSNSを一切禁止されている。その理由に、彼女たちの所蔵権が全て宝塚歌劇団にあるからだ。そんな世間では当たり前のツールを禁止されているジェンヌさん達が退団されて必ず一番初めに始めること。そうSNSなのです。このSNSをうまく使って芸能活動などをされてる方がたくさんいらっしゃいます。カラオケバトルという番組がお好きな方の中では知らない人はいない
りりかさんはどうなのでしょうか?

調べて見た結果、まず彼女の公式ホームページが存在しました。このホームページには基本的にファンクラブ入会の案内やライブなどの芸能活動の宣伝のための内容が記載されていて、ライブやメディに出るたんびに告知されていてとても見やすく情報を取得できる内容になっていました。

次にツイッターです。調べて見た結果彼女のご本人のアカウントが存在しました。こちらのツイッターはメディアの出演内容はもちろんのこと、プライベートの写真や文章なども充実した内容になっていました。彼女の日常が知りたい方はツイッターを見てみることをおすすめします。

次に一番SNSの中でも人気のあるインスタグラムです。さすがりりかさん。インスタグラムもしっかりご本人のアカウントの物が存在しました。この3つのSNSの中でも一番、投稿の更新がまめに行われていてとても楽しめる内容になっていおります。基本的に写真が重でコメントが少し書いてあるので読むというより見て楽しめる内容になっています。そして一番彼女のプライベートでラフな感じのものばかりなので凄く身近に感じることができてとても面白いのではないでしょうか。結婚もご報告されたことですし、今後は新婚生活ホヤホヤな雰囲気の投稿と、今の感じからどのように変化して行くのかこういったSNSなどで楽しめることは私達、宝塚ファンにとっても嬉しくて日々の生活の楽しみでもありますね!これからもチェックしていきましょう!!

カラオケバトルりりか


宝塚を4年という短さで退団したりりかさん。彼女が世間に知られる様になった大きな理由は…皆さんもご存知かとは思いますが、人気テレビ番組の「カラオケバトル」に出場して優勝したからなのです。彼女の魅力の魅力とは一体なんなのでしょうか?

先ず歌の上手さ!です。先ほどもご紹介したとおりご両親は社交ダンスのバンドをされており、実家の近所にカラオケができたことからお父様によく連れられ毎日大好きな歌を練習する日々。小さい頃からの英才教育のお陰なのか自然とメロディーや音程を覚えることができたそうです。宝塚の現役時代には宝塚始まって以来の歌唱力の評価を受けたという。

そんな彼女退団してからの芸能活動はそんなに甘いものではなかった。歌が上手くてもトップじゃない限り事務所に入るのもやっとこさ…路上ライブと商店街でのライブを10年間ほど続けていたそうです。路上ライブ出身のミュージシャンは基本的に、通行人が止まって音楽を聴いてくれるにはどの様にしたらいいのかを考えている人が多い。どうしたら人々は足を止めてくれるか、彼女もまた人をどうやって自分の世界に惹き込むかを毎日考えたそうです。地元が関西だったという事からか吉本のお笑いをよく見ていた彼女。トークは特に独特の面白さがあり得意だったそうです。場数が増えればどんどんどうすれば人を引き込めれるのかコツがわかってきたそうです。

2008年にはミュージカル「ミスサイゴン」エレン役のオーディションを受け見事その座を勝ち取った彼女。2年連続エレンという役を演じたのである。トップ出身でもない彼女がここまで大きなミュージカルの舞台でそれも主要なキャストで出演できたことはとても珍しい事で彼女の歌唱力をかなり評価した結果であると私は思います。チャンスをモノにした彼女の勝負強い性格は素晴らしいと思います。

2016年には彼女を一躍有名にした人気番組「カラオケバトル」に出場する。
成績をご紹介していきましょう。
2016年 優勝最強女子ボーカリストNo.1決定戦5 松田聖子「抱いて…」100点
2016年 優勝歌の異種格闘技戦12 茉奈 佳奈「いのちの歌」100点
2017年 優勝春のグランプリ
予選「夢をあきらめないで」99.910点 決勝「時の流れに身をまかせ」99.985点
2016年 優勝歌の異種格闘技戦13
予選「帰りたくなったよ」99.770点 決勝「長い間」99.367点
2016年 優勝最強女子ボーカリストNo.1決定戦5
予選「抱いて…」100点 決勝「NAO」99.440点
2016年 優勝歌の異種格闘技戦12
予選「ひこうき雲」99.699点 決勝「いのちの歌」100点
2016 優勝最強女子ボーカリストNO.1決定戦4
予選「会いたい」98.787点 決勝「夏の終わり」98.916点
2016年 優勝歌の異種格闘技戦9
予選「瞳はダイアモンド」 99.116点 決勝「つばさ」 99.612点

この基本的に98点以上そして100点を叩き出す彼女の歌唱力の正確さのレベルの高さが見てわかる成績です。
そして彼女の注目される理由の1つに(お涙ジェンヌ)と言われていることです。
歌に感情が入りすぎてしまって涙を流したり、負けて悔しいと涙を流す事から通称(お涙ジェンヌ)とも呼ばれています。

歌唱力では右に出るジェンヌは今の所いなさそうなりりかさん。彼女は宝塚の現役の時から声を大事にするためによくお肉を召し上がっているそうです。「カラオケバトル 」の収録の前日には願掛けの意味も込めて(トンカツ)と決めていらっしゃるそうです。そう言ったところに気を向けるところがタカラジェンヌらしいなと思います。

他にも毎日欠かさず行っていることがあるそうで、小さい頃から大好きな歌手である広瀬香美さんが、歌うことを1日も休んだことがなくて、自分が出る最高のトーンまで毎日必ず声を出す。それをやめてしまったら落ちてしまう。ということを以前、小さい頃に聞いたことがあるそうで…りりかさんにとって広瀬さんは神とあがめる方らしく「神が言うなら毎日やる!」と決めて以来毎日自分の出る上から下のトーンは必ず声を出しているそうです。毎日、声を出して、自分の声と向き合う時間を作るっていうのは大事なことなんだと彼女はいう。

更にりりかさん曰く歌は練習の内容で誰でも上手くなる。生涯で歌った回数が多ければ多いほど、絶対うまくなれるんですといろんな人を見てきてすごく思うそうです。実際にりりかさん本人も以前は1日5時間は歌いっぱなしで練習されていたそうです。それくらいやっていると、耳が鍛えられるそうで、上手な人の曲をたくさん聴いてその通り物まねをすると、本当にうまくなれるのだとか!りりかさんがどれだけの努力家なのかがわかりますね。歌に自信がない方はまず毎日上手な人のモノマネから始めて見ましょう!きっとあなたもカラオケ100点も夢ではなさそうですね!

結婚相手は?

2019年8月15日、私たち宝塚ファンにとって、嬉しいニュースが入ってきました。元宝塚歌劇団花組の花咲りりかさんこと(RIRIKA)さん34歳が陶芸家の青木良太さん41歳と結婚することを公式に発表したのである。すごくアーティスティックなお二人の馴れ初めはそして旦那様は一体どんな方なのでしょうか?


青木良太(あおき りょうた)1978年3月3日 富山県の出身
小さい頃から0から何かを作るのが好きだったそうです。大学は普通の大学を卒業する。その後、自分の好きなことを職業にしようと思い最初は洋服を独学で製作し始める。お店が委託で自分の作品を置いてくれるようになったものの、人によってサイズが違い一人で製作し続けるのには無理があった為、次にアクセサリーを製作する様になる。アクセサリーもこれまたヒットをするのだが、自分自身に金属がどうもなじまず…製作販売を中止する。

その後立ち寄った雑貨屋に入ってみると陶芸家の方々の作品に出会い、体験で自分も作ってみることに!いざやってみると「これしかない!」と率直に思ったそうで陶芸家になるにはどうしたらいいのかを調べる。すると陶芸家さんの多くが立派な大学を卒業されていることが判明する。在学中の大学卒業まで3ヶ月の時に今更、立派な学校に入り直すのは難しいと思い、諦めずに調べるとなんと市が経営している陶芸学校を発見する。多治見市陶磁器意匠研究所に大学卒業後入り直し陶芸家になるための極意を一から学び始める。

2002年に多治見市陶磁器意匠研究所を無事に卒業すると。同年、岐阜県土岐市にスタジオ開設する。
テーブルウェアフェスティバル最優秀賞・東京都知事賞。
朝日現代クラフト展奨励賞。
2003年に高岡クラフト展銀賞。
2004年にはスイス・ジュネーヴに留学し研修生として招かれる。
Sidney Myer Found International Ceramics Award銀賞する。
2005年高岡クラフト展グランプリを獲得する。
International Triennial of Silicate Arts 銀賞。
テーブルウェアフェスティバル優秀賞。
国際陶磁器展美濃銅賞。
2006年テーブルウェアフェスティバルグランプリ獲得。
2008年台湾国際陶芸ビエンナーレ特別賞。
どんどん頭角を現し、様々な賞を受賞し青木良太はいろんなメディアにも大きく扱われるようになり、陶芸家の世界では一躍有名な人物になった。2009年には情熱大陸にとりあげられ「異色の陶芸家」としてお茶の間に紹介をされました。
陶芸家らしからぬ頭にターバン、耳にシルバーのピアスという彼の独特なスタイルが話題になった。
頻繁に開催される彼の個展はいつもたくさんの人々が訪れ彼の独特な世界観にたくさんの人々が魅了されている。

「週刊モーニング」で連載中の漫画「へうげもの」から生まれた若手陶芸家ユニット「へうげ十作」のリーダーとしても動。
全国の若手陶芸家達をもっと沢山の人々に知ってもらおうと、「今」だからこそ、もっと互いに高め合い、触れ合おうじゃないかという主旨のイベント「イケヤン☆」を主となって開催している。「イケヤン☆」の名前の由来は、20代から30代前半のイケイケヤング陶芸家集会の略称のことだそうです。青木良太は現在、陶芸家として制作過程の一部をYoutubeなどで公開していて陶芸家の世界に新たな風を巻き起こしていることでも有名です。

そんな2人の出会いは2018年11月の台湾でのこと。りりかさんはファンクラブのイベントで台湾に。青木良太さんは、個展で台湾を訪れており、同じ鶏鍋店で一緒になったのが出会いだそうです。異国の土地台湾で出会った二人はそのお店で簡単な会話や互いのインスタグラムを紹介し合い連絡先を交換するまでの中になったそうです。その後2019年7月に青木良太さんからりりかさんを食事に誘ったことで急接近。そのまま交際へと発展したそうです。なんと驚きなのが、交際1ヶ月足らずで結婚に至ったそうです。今流行りの交際0日婚的な流れです。青木さんは実は再婚だそうで、前妻は同じ陶芸家の方だったそうです。お互いに別の世界とはいえお互いに芸術家な二人…もしかすると一緒にいることで新たなインスピレーションが湧いてくること間違えなさそうですね。
これからどんな結婚生活が彼らを待ち受けているのか…私たちは心から祝福して見守っていきたいですね!

まとめ

皆さん如何でしたでしょうか?努力でカラオケ100点を叩きだすりりかさん。宝塚で歌唱力で彼女の右に出る人は今の所いないことは確実ですね。陶芸家の青木良太さんとの愛を今後深めて新婚生活をこれから楽しんでほしいですね。私たちは暖かく見守っていきましょう。そして彼女達のこれからの活躍も期待しながら応援していきたいですね!ということで今回はカラオケバトルりりかの年齢やインスタグラムは?結婚相手はどんな人?についてご紹介しました。

関連記事

  1. 美弥るりかの実家は?宇月颯との関係!?Twitterは?

  2. 宝塚駅から宝塚大劇場までの徒歩での行き方&アクセスは?

  3. 七海ひろきの年齢や実家、ついに退団インスタグラムは?

  4. 宝塚「オーシャンズ11」のあらすじやキャストは!?

  5. 夢咲ねねと愛加あゆの年齢や実家は?インスタグラムはやっている!?

  6. 柚香光の本名と実家は!?モデル経験?お茶会は!?

  7. 宝塚受験するには?年齢や体重、倍率は!?

  8. 宝塚の差し入れでオススメは!?

  9. 宝塚エリザベートのあらすじと歴代の配役は?

宝塚歌劇団ランキング

免責事項

当サイト上に掲載されている情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も、情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。なお、万が一、当サイトに不適切な記事、画像、リンク等がありましたら早急に削除するなどの対応を致しますので、こちらまでご連絡ください。

PAGE TOP